« 良い学年が良い学校を作る | トップページ | 退職のご報告 »

2015/03/11

みなさんを必要とする学校や職場

この頃、前任校の生徒との飲み会・食事会が多い。彼ら・彼女らが二十歳になったからということもあるし、人生を考えるという時期でもあるし、そして私へのお祝いであったりもするようです。

昨日は、1・2年次に私のクラスだった2人と水炊き。そのうちの1人に、「卒業間際の全校集会での先生の話で自分は救われた」といわれました。話した方がおぼろげにしか覚えていないんですが、聞いた方はよく覚えているものですね。
内田樹氏のブログを読んでいて、それを高校生版にアレンジした話でしたが、卒業生からリクエストがあったので、備忘録としてブログに書いておきます。

英語で「天職」はcallingといいます。自分たちがしたいと思う仕事ではなく、「あなたが必要だ」と君たちをcallしてくれるところが天職です。だから君たちは「やりがいのある仕事」と出会いたければ、しっかりと力をつけて、callしてくれるところを待っていなければならない。

大学も同じ。希望通りの大学に行く人もいれば、そうでない人もいるでしょう。希望している大学に行くことになった人は、そこで実力をつければいい。そうでなかった人は、君たちが進学する大学から「あなたの力が必要です」と呼ばれたわけなのだから、そこが君たちにとっていちばんの大学ということです。浪人をすることになった人は、自分の実力をつけて、来年度にcallされるようにがんばって下さい。

第一志望の大学に2人とも入学したわけでもないのですが、将来の夢を持って動いている卒業生です。

当然のことなんですが、希望通りの大学・高校、希望通りの就職をしたからといって、それで幸せになるとは限りません。「働き手」としてカウントされるのではなく、「あなた」として必要とされる学校や職場こそ、心地よく働けて、自分が成長し、学校や職場も成長できる場所なんでしょうね。

努力した人だけが、callされるものです。目標に向かって努力することは確かに尊いけど、その目標と結果が乖離した場合には、結果を受け入れた方が幸せになれることが多い気がします、たとえ順位の低い希望であったとしても、です。

« 良い学年が良い学校を作る | トップページ | 退職のご報告 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 良い学年が良い学校を作る | トップページ | 退職のご報告 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ