« 理論通りにいかないところが難しく、おもしろいのだ | トップページ | みなさんを必要とする学校や職場 »

2015/02/15

良い学年が良い学校を作る

「よい学校」というものは存在しにくいと思う。それよりも「よい学年」は存在しやすい。

今まで私が「良い学年」と感じたのは、現任校という「現在」のことを脇に置けば、前任校と前々任校での3回があった。担任を持っていたあの9年は私の教師人生(英語教師人生ではありません)としてとても大好きな時間だった。

「存在」として、中堅~ベテランに対してはサポート役に徹してくれる学年主任。そしてプロ意識を持った担任。「担任の先生はどうしたいの?」と生徒指導ではまず学年主任が聞いてきて、そして担任は自分の仕事に責任を持っていく。

意見の相違は、教師という仕事柄、必ずどこにでもあった。しかし、この9年間は意見の相違があったとしても、すべてのことに「納得」することができた。(あくまでも英語教師としてではなく、教師としてです、念のため(笑)) 

  • 教師が同僚を見るのではなく、生徒を見ている。
  • 教師が生徒を小馬鹿にしていない。

当然のことであるかもしれないけど、このふたつは大切なんですよね。

いつか塾を開いたら、高校選びのアドバイザーはできるような気がするな、私は(笑)

« 理論通りにいかないところが難しく、おもしろいのだ | トップページ | みなさんを必要とする学校や職場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 理論通りにいかないところが難しく、おもしろいのだ | トップページ | みなさんを必要とする学校や職場 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ