« 教科書を使って英語をマスターする。7(受動態) | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。9 »

2014/01/13

教科書を使って英語をマスターする。8(現在完了)

 現在完了は、用法や形から入りません。haveを「~という現在の状況を持っている」と考えさせ、それから日本語にします。その後に、3用法を学ぶという帰納的なルール作りでここはいいと私は思います。もちろん、提示する側からは、最初に提示して当てはめていくという演繹的な教え方の方がいいと思うのですが、まずは現在完了の考え方を日本語を通じて、教えていきたいところです。
 現在完了は現在のことに焦点がおかれています。だから、have finishedなら「~を終えたという現在の状況を持っている」とします。

  • I have finished my homework.
  • 私は宿題を終えた、という現在の状況を持っている。(直訳)
  • 私は宿題を終えた。(自然な訳)

そのうえで、「もう少し分かりやすくするために、"already"という語を加える。

  • I have already finished my homework.
  • 私は宿題をすでに終えた。

これは何かが終わっている状況だから「完了」と呼ばれ、already意外にyet、justという語が一緒に使われる。だから、これらの語が使われているときには、「すでに/ちょうど~終えた」という意味になる、と一つ目のルールを作ります。

このhave already finishedはⅡに入れます。

  1. I' ve already learned a lot about it.
  2. Ken has just eaten his cake.
  3. I've just finished my homework. (以上 p. 10)
  4. I've already found a lot about it on the Web.
  5. I've just found this page.
  6. I've just read this book. (以上 p. 11)

疑問文や否定文では、haveは助動詞と同じような役割をすると伝えてから語順シートに当てはめます。またこのときに、yetの学習もします。疑問文なら「もう?」、否定文なら「まだ」というだけで、この段階ではいいでしょうか。

  1. Have you finished your homework yet?
  2. I haven't finished mine yet.
  3. Has Miki written the e-mail yet?
  4. Have you studied for tomorrow's lessons yet? (以上 p. 12)
  5. Have you finished preparing your speech?
  6. I haven't finished writing it yet.
  7. Has Yuki finished writing her speech?
  8. Have you finished your homework yet? (以上 p. 13)

この次は継続です。これも最初にhaveは「~という現在の状況を持っている」と訳します。

  • I have lived in Chiba.
  • 私は千葉に住んでいる、という現在の状況を持っている。(直訳)
  • 私は千葉に住んでいる。(意訳)

何かが続いている状態を表しているのはわかりそうなのですが、この意味をクリアにするために、for ~(期間)「~の間」、since ~(起点)「~から/以来」をつけることがあります。

  • I have lived in Chiba for ten years / since last year.
  • 私は千葉に、10年間/昨年から住んでいる。

この用法は何かが続いているので、「継続」とよばれ、since / forと一緒に使われることが多くあります。だから、これらの語が出てきたら「継続」だと思い、「(ずっと)~している」と考えます。

  1. We've been friends since last year.
  2. I've been in the chorus for two years.
  3. I've played soccer for two years.  (以上 p. 16)
  4. We've been good friends for more than three years.
  5. Has he lived there for a long time?
  6. He's lived there since last month.
  7. How long have you studied English? (以上 p. 17)

最後が経験です。これも最初にhaveは「~という現在の状況を持っている」と訳します。

  • I have climbed Mt. Fuji.
  • 私は富士山に登った、という現在の状況を持っている。(直訳)
  • 私は富士山に登ったことがある。(意訳)

これが、経験だということをクリアにするために、before(以前に) / never(一度も~ない) / ~ times(~回)などの語をつけることがあります。

  • I have climbed Mt. Fuji before.(私は以前に富士山に登ったことがある)
  • I have never climbed Mt. Fuji.(私はいちども富士山に登ったことがない)
  • I have climbed Mt. Fuji three times.(私は富士山に3回、登ったことがある)

この用法は、今までに経験したことを表しており「経験」と呼ばれ、before / never / often / once / twice / ~ timesなどの語と使われます。また、Have you ever ~?で「今までに~したことがありますか?」という疑問文や have been to ~「~に行ったことがある」という表現もよく使われます。

  1. I've visited Kyoto three times.
  2. Have you ever visited Sapporo?
  3. I've been to Tokyo Disneyland twice.
  4. I've never been to Tokyo Disneyland. (以上 p. 18)
  5. Have you ever seen a volcano?
  6. I have never been to this city.
  7. Have you ever visited Yokohama? (以上 p. 19)

それにしても、中学校3年生の後半になるまで、「大きな□」はあまりでてこないのですね。

« 教科書を使って英語をマスターする。7(受動態) | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。9 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教科書を使って英語をマスターする。7(受動態) | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。9 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ