« 教科書を使って英語をマスターする。5 | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。7(受動態) »

2014/01/09

教科書を使って英語をマスターする。6

次に比較です。比較表現の中では、今までの方法で取り組みやすいのが最上級です。しかし、比較級や原級になると、生徒が自分たちで当てはめていくのが難しくなると思われます。だからできるだけシンプルに導入時のルールを決めます。
比較級は、thanからあとはⅣに入れる。そして、thanが接続詞だということを体感させるためにも、[ than ~ ]は[    ]でくくります。

  1. Is Japan smaller than Finland?
  2. Japan is larger than Finland.
  3. The U.K. is smaller than Japan.
  4. Meg's bag is larger than Tom's bag.
  5. Which country is larger, the U.S. or Australia?
  6. The U.S. is larger than Australia. (以上 p.84)
  7. Earning enough money for the children was harder than teaching them.
  8. Summer vacation is longer than winter vacation. (以上p. 85)

5ではWhich countryを□で囲みⅠにいれられるか、7では主語を□で囲めるかが大きなポイントです。また、比較級+thanを導入に繰り返してもいいかもしれません。(私だったらやります) smaller than mine, bigger than my house, taller than my brotherのように、比較級を作る練習とthanをつけることを連結させてもいいでしょうね。

 Sunshine English Course2の最上級の導入では、最上級+名詞の名詞句から始まります。まずここをピックアップして、練習をさせます。それぞれ□でくくります。
 the smallest car, the youngest boy, the strongest animal, the longest river
その後に、ofやinをつけます。ofの後は複数形(複数扱いのもの)で対象、inの後は単数形で範囲。
 the smallest car of all, the youngest boy in our team, the strongest animal in the zoo, the longest river in the world

  1. Do you know the longestt river in the world?
  2. The Nile River is the longest river.
  3. Which city is the coldest in December?
  4. Do you know the highest mountain in Japan? (以上 p. 86 )
  5. The priest wresler became the biggest star among all of the wrestlers.
  6. This is the highest tree in our town. (以上 p. 87)

5の文が本文に出てくる唯一の最上級ですが、これは難しいだろうなぁ。priestを最上級と勘違いしてしまう生徒もいないかな。最初からamong all of the wrestlersというのもなぁと不満を持ちつつ、原級に入ります。

 原級のas ~ as…は、「…と同じように~」と導入されるケースが多いのではないでしょうか。ちなみに、拙著でもそのように説明しています。(言い訳がましくいえば、これでいいのかなぁという思いはあります。)でも、この語順シートを使えば、こんな悩みも解決できます。

  •  Ann is as old as I am.

これなら、AnnがⅠ、isがⅡ、as oldがⅢ、as I amがⅣに入れられます。ここから、最初のasは「同じ程度に」という意味で、次のasは「SVと同じくらいに」という接続詞だと説明できます。つまり、as I amは[  ]でくくれます。

  • Ann is as old as I.
  • Ann is as old as me.
  • It is as hot as yesterday.

1は、be動詞のamが省略された形であり、2はくだけた形で、3はasとyesterdayの間にit wasが省略されている。後ろのasは接続詞なので、原則的には後ろにSVの組み合わせがくる。
 こうすれば、not as ~ asを「ほど、~でない」という意味になるのかもすっと入ってきます。少なくない生徒が、「とおなじくらい~でない」と誤解しているんですよね。

  1. It's as big as yours.
  2. My dog is as old as Yumi's dog.
  3. English is as interesting as math to me.
  4. P.E. is as interesting as English. (以上 p. 88)
  5. He was as brave as Sergio.
  6. My bike is as big as yours. (以上 p.89)

« 教科書を使って英語をマスターする。5 | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。7(受動態) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教科書を使って英語をマスターする。5 | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。7(受動態) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ