« 教科書を使って語順をマスターする。 | トップページ | 基本的「術式」は語順と□ »

2014/01/02

教科書を使って語順をマスターする2。

大まかな語順を学ぶと、次に動詞の部分を中学1年生は勉強します。助動詞と進行形です。
助動詞+動詞の原型、be動詞+現在分詞はそれぞれⅡの部分(動詞)に入れちゃいましょう。教科書(Sunshine English Course1)の文を多少変えている文もあります。折り紙が話題になっています。

  1. He can read Kanji. (p.80)
  2. I can make this doll. (p.81)
  3. I can make some animals. (p.81)

その後、疑問文と否定文が入ります。疑問文は助動詞が文頭に来ますが、これは0(主語より左)、否定文は2(動詞)に入れます。

  1. Can you ski? (p.82)
  2. Can you make that lion?
  3. I cannot ski. (p.82)
  4. I can't make that lion.
  5. Can anyone answer the phone? (p. 93)
  6. I can't answer it now. (p.93)

手元にSunshine English Courseしかないので分かりませんが、助動詞の否定については単独ではなく、Q&Aから導入されるのですね。5と6の文は次の課で使われています。

  1. I'm changing my clothes. (p.93)
  2. I'm drying my hair. (p.93)
  3. I'm brushing my teeth. (p.93)
  4. The phone is ringing. (p.95)

ここは、電話が鳴っているので誰かとって!という場面で、できない理由をそれぞれが進行形で使います。こんなやりとりのうちに切れるだろうし、3の文を言っている父親は、歯を磨きながらよく答えられるなぁというのは、ヒミツです(笑)

  1. Are you changing your clothes? (p.95)
  2. Are you drying your hair? (p.95)
  3. Are you studying now? (p.94)
  4. I'm not studying now. (p.94)
  5. Who is talking with Grandma? (p.95)

5の文で、whoが主語になる文は、Qに出てきているんだなぁ。これも、教科書本文に入れられないものか。それはともかく、教科書も後半になってくるので、少し合わせ技が出てきます。

  1. What are you doing? (p.97)
  2. I'm putting on my kimono. (p.97)
  3. Grandpa is making ozoni for us. (p.97)
  4. We can't be late. (p.97)

2のように、「熟語」は1セットとして、導入してもいいかもしれません。また、ここからは「前置詞は(   )でくくり、Ⅳに入れる」というルールを教えたいところです。

 これらのルールで、pp.98-99のReading2が読めればいいのですが、p.98にはandがたくさん出てきて、それがNP and NPだったり、clause and clauseだったりするので、少し乱暴かもね。特に、The little bear, the mother bear, and the man all walk home. は難しいですね。(また、話題がそれてきたので、先に進む)

 あとは動詞の過去形ですが、これはこれで大切なところだけど、語順学習であれば、疑問文や否定文の時には、didとなるので、動詞は原型になるというところに力点をおきたいところです。疑問文のDidは0に入れます。過去形になると、「いつ」の要素が増えてきます。

  1. I visited France last month. (p.102)
  2. I lived in France ten years ago. (p.102)
  3. I arrived in Washington, D.C. three days ago. (p.103)
  4. I visited the history museum yesterday. (p. 103)
  5. I looked at old bikes, clothes, toys, and other things there. (p.103)
  6. I learned a lot about American history. (p.103)
  7. I didn't visit France last month.
  8. I didn't live in France ten years ago.
  9. I didn't visit the history museum yesterday.
  10. I didn't learn a lot about American history.

5では、andを使って大きな□を作る体験ができるし、6ではabout American hitoryがa lotを飾って大きな□を作る学習にもなるでしょうが、ここでは刺身のツマ扱いのことが多いかもしれません。力点は置かれていませんから。まだ、教科書の先を読んでいないのでなんともいえませんが、意識して学習をしないと、おいていかれる生徒も少なくないと思われます。あと、教科書には出てきませんが、この文の否定文も合わせて学習したほうがいいと思います。(過去形の否定文は単独で出てきていないため)

  1. Did you study English last night? (p. 104)
  2. Did you enjoy your stay in America? (p. 105)
  3. Which museum did you visit? (p. 105)
  4. Did you visit the White House? (p. 105)
  5. I didn't study English last night. (p. 105)

そして、そのほかの疑問詞なども学習します。

  1. How do you come to school? (p. 84)
  2. How do you get new ideas? (p. 85)
  3. How do you do that? (p. 85)
  4. Why do you study English? (p. 106)
  5. Because I like English songs. (p. 106)
  6. Why do you know so much about Kachina dolls? (p. 107)
  7. Because I learned a lot about them at a museum. (p. 107)

まとめの部分が、最後の課(PROGRAM 11)です。ここで、生徒は□やandの使い方、副詞・前置詞句について学びます。また、前置詞句の後置修飾まで!ここは、ハードルが高いかもしれないなぁ。たぶん、ここで引っかかる生徒が少なくないでしょうね。p.119のみ書き出してみます。

  • Some years ago, Mr. Sato had a very kind student in his class. She had a pretty name, Aika. Her classmates liked her very much. Sometimes Mr. Sato saw her at school early in the morning. In her hands she always had very pretty flowers. She picked them from her garden. Everyone in her class loved the colorful flowers.

こうしてみると、中学校では、□で囲むよりも、前置詞句(副詞)を(  )でくくるとした方が最初はいいんだなぁ。

ofや前置詞句の後置修飾のように、必要なんだけど、教科書では例文として取り上げられていない部分を勉強しておいた方がいいですね。ということで、2年生の教科書は、次回につなげます。

« 教科書を使って語順をマスターする。 | トップページ | 基本的「術式」は語順と□ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教科書を使って語順をマスターする。 | トップページ | 基本的「術式」は語順と□ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ