« 教科書を使って英語をマスターする。6 | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。8(現在完了) »

2014/01/13

教科書を使って英語をマスターする。7(受動態)

2年生の最後は受け身です。受け身も、能動態→受動態、というパターンが多いと思います。
これも、動詞のグループだけで最初は入ったらどうかなぁと思うんですが、どんなものですかね? 最初に、受け身は動詞の部分が「be+過去分詞」だと教えた上で、たとえば、make「作る」 is made「作られる」、write「書く」、is written「書かれる」。そして、be動詞の時制が変わることを意識させるために、is made「作られる」、was made「作られた」、is written「書かれる」、was written「書かれた」。

その後、主語に入り、「AはBを作る」は「Bは作られる、Aに」、「AはBを書く」は「Bは書かれる、Aに」とあえて、英語の語順に合わせて日本語を合わせた上で、

  • A make B.
  • B is made by A.
  • A write B.
  • B is written by B.

と提示することで、よく私たちが使う「ルール」が帰納的に提示できます。ちなみに、教科書では最初のページではby ~のある文が提示されていないので、by以下は次の部分でいいのかもしれませんね。

この受動態のbe+過去分詞はⅡにいれます。

  1. It is made in Germany.
  2. Masks are used when you practice Kendo.
  3. Soccer is played in many countries. (以上 p. 102)
  4. A large amount of thatch is used on each roof.
  5. Such a lifestyle was seen in many places in Japan.
  6. A lot of cars are made in Japan every year. (以上 p. 103)

次のページではbyが出てきます。これはⅣにいれます。

  1. It was written by my grandfather a long time ago.
  2. Horyuji was built by Shotoku-taishi.
  3. This book was written by Higashino Keigo. (以上 p. 104)
  4. The work is done by everyone in the village.
  5. They are used to stop fire from spreading.
  6. Ponyo was made by Miyazaki Hayao. (以上 p. 105)
  7. All the houses were covered with snow.
  8. An amazing scene was made by many lights. (以上 p. 109)

  thatchという語は中学生が学ぶべき単語なんですかね。むやみに単語を増やせばいいものではないと思うのですが、どうなんでしょうか。学習者にとってハードルの高い受動態の導入で使うような単語なのかなぁ。この教科書には、中学校の先生も執筆者に入っているのですけど、私の感覚とは違うのかな。
 それはともかく、中学校3年生の受動態の復習から入ります。疑問文では、be動詞は0に入れます。

  • Where was the beautiful picture taken?
  • It's sold at a bookstore. (以上 p. 8)
  • This chime is heard every day at many schools in Japan. (以上 p. 9)

« 教科書を使って英語をマスターする。6 | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。8(現在完了) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教科書を使って英語をマスターする。6 | トップページ | 教科書を使って英語をマスターする。8(現在完了) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ