« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014/01/14

教科書を使って英語をマスターする。9

PROGRAM 3は□を作る文法が多く出ています。ということで、次のようなルールを作ります。

  • It is ~ for 人 to do ~はfor以下は4に入れて、to do ~を□でくくる。そして、Itが□を刺していることを矢印でつける。
  • 疑問詞+to do ~は□で囲む。
  • V(ask, tellなど)+人+to do ~はto do ~を□で囲み、人と□をⅢにいれ、「人に□を」と右下に書かせる。

ブログでは文字を□で囲むことができないので、【 】で代用します。

  1. It's hard for me 【to get up so early】.
  2. It's easy for me 【to read English】.
  3. It's exciting for me 【to watch the musicians】. (p. 26)
  4. It's important for us 【 to reduce the amount of waste】.
  5. It's hard for me 【to get up early】. (p. 27)
  6. I don't know 【how to play it】.
  7. Miki knows 【how to cook spaghetti】.
  8. She doesn't know 【how to cook udon】.
  9. Do you know 【how to use this machine】? (p. 28)
  10. We can learn 【how to become friendly to the earth】.
  11. I know 【how to bake bread】.
  12. Could you ask him 【to call me back】?
  13. I asked her 【to clean the table】.
  14. My mother told me 【to give the flowers some water】.
  15. I asked my father 【to buy me a new bike】.
  16. Mother asked me 【to clean the table】.

つづいてPROGRAM 5ではいわゆる第5文型と間接疑問です。これは、次のようなルールを作ります。

  • 第5文型ではOCをⅢにいれ、その間に小さく=でつなげる。
  • 間接疑問は、疑問詞で導かれる節を[    ]でくくる。
  1. We usually call her = Alex.
  2. Just call me = Beth.
  3. We call it = 【a convenience store】. (p. 52)
  4. We call it = kaiten-zushi.
  5. Some people call them = 【sushi train restaurants】.
  6. My sister calls me = Kei-chan. (p. 53)
  7. His songs always make me = happy.
  8. 【Reading books】 sometimes makes me = sleepy.
  9. It made me = sleepy. (p. 54)
  10. It made sushi = more popular in Japan.
  11. His idea helped to make sushi = more popular in the world.(アンダーラインはⅡ)
  12. 【This kind of movie】 always makes me = excited. (p. 55)
  13. I don't remember [when it is].
  14. I don't know [where the soccer game will be held].
  15. Do you know [when the school festival is held]?
  16. Do you know [why Japanese food has become so popular]?
  17. Many people think [that Japanese food is healthy].
  18. We can see [how fast Japanese restaurants are increasing in number in the U.S.]
  19. These data show [that Japanese food is becoming more popular around the world].
  20. I know [what you bought yesterday]. (p. 57)

間接疑問だけではなく、that節も入れてみました。□ (   )の後に、[   ]も大切なところです。

2014/01/13

教科書を使って英語をマスターする。8(現在完了)

 現在完了は、用法や形から入りません。haveを「~という現在の状況を持っている」と考えさせ、それから日本語にします。その後に、3用法を学ぶという帰納的なルール作りでここはいいと私は思います。もちろん、提示する側からは、最初に提示して当てはめていくという演繹的な教え方の方がいいと思うのですが、まずは現在完了の考え方を日本語を通じて、教えていきたいところです。
 現在完了は現在のことに焦点がおかれています。だから、have finishedなら「~を終えたという現在の状況を持っている」とします。

  • I have finished my homework.
  • 私は宿題を終えた、という現在の状況を持っている。(直訳)
  • 私は宿題を終えた。(自然な訳)

そのうえで、「もう少し分かりやすくするために、"already"という語を加える。

  • I have already finished my homework.
  • 私は宿題をすでに終えた。

これは何かが終わっている状況だから「完了」と呼ばれ、already意外にyet、justという語が一緒に使われる。だから、これらの語が使われているときには、「すでに/ちょうど~終えた」という意味になる、と一つ目のルールを作ります。

このhave already finishedはⅡに入れます。

  1. I' ve already learned a lot about it.
  2. Ken has just eaten his cake.
  3. I've just finished my homework. (以上 p. 10)
  4. I've already found a lot about it on the Web.
  5. I've just found this page.
  6. I've just read this book. (以上 p. 11)

疑問文や否定文では、haveは助動詞と同じような役割をすると伝えてから語順シートに当てはめます。またこのときに、yetの学習もします。疑問文なら「もう?」、否定文なら「まだ」というだけで、この段階ではいいでしょうか。

  1. Have you finished your homework yet?
  2. I haven't finished mine yet.
  3. Has Miki written the e-mail yet?
  4. Have you studied for tomorrow's lessons yet? (以上 p. 12)
  5. Have you finished preparing your speech?
  6. I haven't finished writing it yet.
  7. Has Yuki finished writing her speech?
  8. Have you finished your homework yet? (以上 p. 13)

この次は継続です。これも最初にhaveは「~という現在の状況を持っている」と訳します。

  • I have lived in Chiba.
  • 私は千葉に住んでいる、という現在の状況を持っている。(直訳)
  • 私は千葉に住んでいる。(意訳)

何かが続いている状態を表しているのはわかりそうなのですが、この意味をクリアにするために、for ~(期間)「~の間」、since ~(起点)「~から/以来」をつけることがあります。

  • I have lived in Chiba for ten years / since last year.
  • 私は千葉に、10年間/昨年から住んでいる。

この用法は何かが続いているので、「継続」とよばれ、since / forと一緒に使われることが多くあります。だから、これらの語が出てきたら「継続」だと思い、「(ずっと)~している」と考えます。

  1. We've been friends since last year.
  2. I've been in the chorus for two years.
  3. I've played soccer for two years.  (以上 p. 16)
  4. We've been good friends for more than three years.
  5. Has he lived there for a long time?
  6. He's lived there since last month.
  7. How long have you studied English? (以上 p. 17)

最後が経験です。これも最初にhaveは「~という現在の状況を持っている」と訳します。

  • I have climbed Mt. Fuji.
  • 私は富士山に登った、という現在の状況を持っている。(直訳)
  • 私は富士山に登ったことがある。(意訳)

これが、経験だということをクリアにするために、before(以前に) / never(一度も~ない) / ~ times(~回)などの語をつけることがあります。

  • I have climbed Mt. Fuji before.(私は以前に富士山に登ったことがある)
  • I have never climbed Mt. Fuji.(私はいちども富士山に登ったことがない)
  • I have climbed Mt. Fuji three times.(私は富士山に3回、登ったことがある)

この用法は、今までに経験したことを表しており「経験」と呼ばれ、before / never / often / once / twice / ~ timesなどの語と使われます。また、Have you ever ~?で「今までに~したことがありますか?」という疑問文や have been to ~「~に行ったことがある」という表現もよく使われます。

  1. I've visited Kyoto three times.
  2. Have you ever visited Sapporo?
  3. I've been to Tokyo Disneyland twice.
  4. I've never been to Tokyo Disneyland. (以上 p. 18)
  5. Have you ever seen a volcano?
  6. I have never been to this city.
  7. Have you ever visited Yokohama? (以上 p. 19)

それにしても、中学校3年生の後半になるまで、「大きな□」はあまりでてこないのですね。

教科書を使って英語をマスターする。7(受動態)

2年生の最後は受け身です。受け身も、能動態→受動態、というパターンが多いと思います。
これも、動詞のグループだけで最初は入ったらどうかなぁと思うんですが、どんなものですかね? 最初に、受け身は動詞の部分が「be+過去分詞」だと教えた上で、たとえば、make「作る」 is made「作られる」、write「書く」、is written「書かれる」。そして、be動詞の時制が変わることを意識させるために、is made「作られる」、was made「作られた」、is written「書かれる」、was written「書かれた」。

その後、主語に入り、「AはBを作る」は「Bは作られる、Aに」、「AはBを書く」は「Bは書かれる、Aに」とあえて、英語の語順に合わせて日本語を合わせた上で、

  • A make B.
  • B is made by A.
  • A write B.
  • B is written by B.

と提示することで、よく私たちが使う「ルール」が帰納的に提示できます。ちなみに、教科書では最初のページではby ~のある文が提示されていないので、by以下は次の部分でいいのかもしれませんね。

この受動態のbe+過去分詞はⅡにいれます。

  1. It is made in Germany.
  2. Masks are used when you practice Kendo.
  3. Soccer is played in many countries. (以上 p. 102)
  4. A large amount of thatch is used on each roof.
  5. Such a lifestyle was seen in many places in Japan.
  6. A lot of cars are made in Japan every year. (以上 p. 103)

次のページではbyが出てきます。これはⅣにいれます。

  1. It was written by my grandfather a long time ago.
  2. Horyuji was built by Shotoku-taishi.
  3. This book was written by Higashino Keigo. (以上 p. 104)
  4. The work is done by everyone in the village.
  5. They are used to stop fire from spreading.
  6. Ponyo was made by Miyazaki Hayao. (以上 p. 105)
  7. All the houses were covered with snow.
  8. An amazing scene was made by many lights. (以上 p. 109)

  thatchという語は中学生が学ぶべき単語なんですかね。むやみに単語を増やせばいいものではないと思うのですが、どうなんでしょうか。学習者にとってハードルの高い受動態の導入で使うような単語なのかなぁ。この教科書には、中学校の先生も執筆者に入っているのですけど、私の感覚とは違うのかな。
 それはともかく、中学校3年生の受動態の復習から入ります。疑問文では、be動詞は0に入れます。

  • Where was the beautiful picture taken?
  • It's sold at a bookstore. (以上 p. 8)
  • This chime is heard every day at many schools in Japan. (以上 p. 9)

2014/01/09

教科書を使って英語をマスターする。6

次に比較です。比較表現の中では、今までの方法で取り組みやすいのが最上級です。しかし、比較級や原級になると、生徒が自分たちで当てはめていくのが難しくなると思われます。だからできるだけシンプルに導入時のルールを決めます。
比較級は、thanからあとはⅣに入れる。そして、thanが接続詞だということを体感させるためにも、[ than ~ ]は[    ]でくくります。

  1. Is Japan smaller than Finland?
  2. Japan is larger than Finland.
  3. The U.K. is smaller than Japan.
  4. Meg's bag is larger than Tom's bag.
  5. Which country is larger, the U.S. or Australia?
  6. The U.S. is larger than Australia. (以上 p.84)
  7. Earning enough money for the children was harder than teaching them.
  8. Summer vacation is longer than winter vacation. (以上p. 85)

5ではWhich countryを□で囲みⅠにいれられるか、7では主語を□で囲めるかが大きなポイントです。また、比較級+thanを導入に繰り返してもいいかもしれません。(私だったらやります) smaller than mine, bigger than my house, taller than my brotherのように、比較級を作る練習とthanをつけることを連結させてもいいでしょうね。

 Sunshine English Course2の最上級の導入では、最上級+名詞の名詞句から始まります。まずここをピックアップして、練習をさせます。それぞれ□でくくります。
 the smallest car, the youngest boy, the strongest animal, the longest river
その後に、ofやinをつけます。ofの後は複数形(複数扱いのもの)で対象、inの後は単数形で範囲。
 the smallest car of all, the youngest boy in our team, the strongest animal in the zoo, the longest river in the world

  1. Do you know the longestt river in the world?
  2. The Nile River is the longest river.
  3. Which city is the coldest in December?
  4. Do you know the highest mountain in Japan? (以上 p. 86 )
  5. The priest wresler became the biggest star among all of the wrestlers.
  6. This is the highest tree in our town. (以上 p. 87)

5の文が本文に出てくる唯一の最上級ですが、これは難しいだろうなぁ。priestを最上級と勘違いしてしまう生徒もいないかな。最初からamong all of the wrestlersというのもなぁと不満を持ちつつ、原級に入ります。

 原級のas ~ as…は、「…と同じように~」と導入されるケースが多いのではないでしょうか。ちなみに、拙著でもそのように説明しています。(言い訳がましくいえば、これでいいのかなぁという思いはあります。)でも、この語順シートを使えば、こんな悩みも解決できます。

  •  Ann is as old as I am.

これなら、AnnがⅠ、isがⅡ、as oldがⅢ、as I amがⅣに入れられます。ここから、最初のasは「同じ程度に」という意味で、次のasは「SVと同じくらいに」という接続詞だと説明できます。つまり、as I amは[  ]でくくれます。

  • Ann is as old as I.
  • Ann is as old as me.
  • It is as hot as yesterday.

1は、be動詞のamが省略された形であり、2はくだけた形で、3はasとyesterdayの間にit wasが省略されている。後ろのasは接続詞なので、原則的には後ろにSVの組み合わせがくる。
 こうすれば、not as ~ asを「ほど、~でない」という意味になるのかもすっと入ってきます。少なくない生徒が、「とおなじくらい~でない」と誤解しているんですよね。

  1. It's as big as yours.
  2. My dog is as old as Yumi's dog.
  3. English is as interesting as math to me.
  4. P.E. is as interesting as English. (以上 p. 88)
  5. He was as brave as Sergio.
  6. My bike is as big as yours. (以上 p.89)

教科書を使って英語をマスターする。5

教科書は次に、be動詞以外の第2文型に入ります。これは左右を=でつなげる、とします。

  1. You look cool!
  2. She looks happy. (以上p. 66)
  3. I became famous. (p. 67)

ちょっと目を疑いました。第2文型がターゲットなのに、本文には1文のみ。なので、keep(6社で使われている)、turn(6社)、feel(6社)、sound(6社)、appear(3社)、remain(2社)は本来であれば、ここの導入で抑えておきたいところ。

 第4文型が続いてきます。ここでは次のようなルールを作ります。
O1とO2はⅢにいれる。そしてO1を○、O2を□で囲み、「O1にO2を」という「にを」の文と教える。

  1. I'll give you a big present later.
  2. I'll give her some medicine.
  3. Let's give her some flowers. (以上 p.68)
  4. I'll give all the street children food, clothes and love.
  5. We must give the earth a future.
  6. I will give the children all my money. (以上 p.69)

 今まで□はなんとなくでも理解は可能だったのでしょうが、この辺りから少し難しくなりそうです。たとえば、1のa big presentを□で囲み、laterはⅣに入れられるか、4のfood, clothes and loveを□で囲めるか。
 またこのページには、次の文は復習にはもってこいの1文です。

  • If a hungry street child would like to share, why are we still so greedy.

原則的にはIf ~areまでが0に入りますが、トレーニングとしてif節をⅠⅡに当てはめるならば、a hungry street childが□でかこめ、would like to shareをⅡに入れます。

 教科書の英文をどんどん、0ⅠⅡⅢⅣと書かれた語順シートに書き込んでいく作業をします。「意味が分かる」というのは、「正しく日本語におきかえる」ということではなく、語順シートにはめ込んでいこうということが、「術式」ということです。

2014/01/07

教科書を使って英語をマスターする。4

今回の部分は、異論もあると思いますが、学習者が入りやすいという視点で次のルールを作ります。(第6課、PROGRAM 6)

  • V + to doは、まとめてⅡに入れる。

want to doに代表されるようなto不定詞を学習するときに出てくる名詞的用法は、熟語的扱いをします。このとき、want to buy ~はすぐに分かるでしょうが、want to be ~はなかなかハードルが高い。ですから、これだけは「~になりたい」と、例の中に入れておく必要があると思います。また、to不定詞は、toの後に動詞の原形がくることを定着させるために、to不定詞のtoなのか、前置詞のtoなのかを、考えさせるトレーニングも最初に必要かな。私なら、そうします。

  1. I want to be a doctor.
  2. Do you want to help sick people?
  3. Does Kumi want to have a cat?
  4. I want to watch a movie. (以上 p. 54)
  5. I want to be a nursery school teacher in the future.
  6. I would like to take care of children.
  7. I want to be a musician like Ayu in the future. (以上 p. 55)

6は、" take care of "も熟語として考えるので、長い部分がⅡに入ります。

教科書は次に、副詞的用法が出てきます。「理由」(~するために)を表すので、Ⅳにいれます。

  1. I went to Chiba to see my aunt to see my aunt.
  2. I went there to walk my dog.
  3. I went there to see Mt. Fuji. (以上 p. 56)
  4. A lot of people came to the store to buy food.
  5. We often stood at the door to welcome customers.
  6. I must practice the piano to be a musician. (以上 p. 57)

次に形容詞的用法です。ようやくここで、前置詞句の後置修飾以外ではじめて、後置修飾が出てきます。前置詞句の方はターゲットになっていませんでしたから、初めての後置修飾となります。そこで、次のルールを作ります。

  • 意味的にまとまった2語以上で名詞を飾るときには、後ろから飾る。

これは、a big manのようにbigが1語であるから、前→後ろ。しかし、2語以上なら後ろ→前というルールをここで覚えさせます。ブログなので矢印などで表しにくいのですが、something to drinkであれば、somethingに棒線、to drinkに波線を引き、波線から棒線に向かって、矢印で修飾を表し、something to drinkを大きな□で囲み、これが名詞句だと表します。(具体的には、拙著『これで分かる基礎英語』か『やさしくわかりやすい英文法』をご覧下さい)

  1. I want something to drink.
  2. I have a lot of housework to do now.
  3. This is something to eat. (以上 p. 58)
  4. I think engineering is a very important subject to study.
  5. I have a lot of things to learn. (以上 p. 59)

p.59には次のような不定詞も出てきているので、あわせて学習できます。

  • I want to be a computer engineer.
  • To be a computer engineer I have a lot of things to learn.

後者は、おもしろいですね。理解が試されます。あと、ここまでは名詞的用法が主語としては出てきていません。動詞の目的語として出てきているだけですので、V to doを熟語扱いにしても私は構わないと思います。それに、英語ができるようになってきたときに、疑問を持つようになるんじゃないかな。

 動名詞は、名詞のグループを作ります。ですから、動名詞単独で教えるのではなく、それを□作りにつなげていきます。Sunshine English Course 2では動名詞の導入課で、名詞的用法が出てきませんが、一緒に教えたいところ。これは、『やさしくわかりやすい英文法』のpp.76-77に出てきていますので、一部を抜粋します。(□で囲みたいのですが、【  】でくくります)

 次の動詞を動名詞とto不定詞にして、【 】で囲み、アンダーラインにいれなさい。(問題には【 】を入れておきます)
(例) walk        【walking】 【to walk】            I like       walking          .
(1) rain     【       】  【       】            It began   .
(2) work     【       】  【       】            He started   .
(3) sleep    【       】  【       】            He continued   .
(4) play the guitar     【       】  【       】         He likes   .
(5) read a book.     【       】  【       】            is fun.(動名詞)  He continued   .
(6) study English     【       】  【       】            is hard.(動名詞)  He started   .

この目的は、動名詞が作る名詞句を意識させることです。その上で、教科書に入り、動名詞が作る名詞句を意識させます。

  1. I enjoy playing tennis.
  2. I'm good at playing the guitar. (以上 p.64)  be good atは熟語としてⅡ。
  3. Please stop breaking the environment.
  4. Severn starts talking about her beliefs.
  5. I started practicing judo.

2014/01/06

教科書を使って英語をマスターする。3

今回からはSunshine English Course2に進みます。ページ数は同書のものです。また、1課(PROGRAM 1)は復習なので、2課(PROGRAM 2)から進みます。

助動詞の仲間は、動詞と一緒にⅡ(動詞)に入れます。このとき、動詞は原形になります。be going to doもⅡにいれます。

  • I am going to play tennis with my friends. (p. 18)
  • I'm going to study at the city library. (p. 18)
  • I'm going to visit Finland this summer. (p. 19)
  • How long are you going to stay there? (p. 19)
  • I'm going to stay with a Finnish host family in Helsinki. (p. 19)
  • I can talk with them in English. (p. 19)
  • What are you going to do in Helsinki?
  • I'm going to meet and talk with some Finnish students.
  • Are you going to do anything else?
  • I will do some shopping for my family.
  • I'll go to some museums too.(以上 p. 21)

ここで足りないのは、疑問文ですね。特にp. 19では、Are you going to ~? がでてくる前に、How long are you ~という疑問詞を含む疑問文が出てきます。ワンクッションがないので、このページは授業を組み立てにくいでしょう。 だから、Are you going to の練習問題を作らないとないし、最初にHow longの使い方の練習も必要になるでしょう。

  • You must wait. (p. 28)
  • You can put your name on the list from 6:30 a.m. on the day of the Walk.
  • You must begin the Walk by 7:30 a.m.
  • You must pay $15 for the Walk.
  • All the money will go to the hospital. (以上 p. 29)
  • Do we have to buy a cake for her? (p. 30)
  • Can we join the Walk in Japan?
  • I have to check the date on the Web then.
  • You don't have to check the date on the Web.
  • I'll get a postcard about it soon. (以上 p.31)

あらら。例文ではDo you have to ~?とあるのに、教科書の本文ではhave toを使った疑問文は出てきていませんね。どうしてだろう。ここでも、a postcard about itのように前置詞グループの後置修飾がでてきますね。おそらく、about itでよくわからないまま、「それについての」と認識する英語のできる生徒がいそうな気がするなぁ。もちろん、「それについての」でいいんですよ。ただ、a postcard about itが名詞句になっていることを理解しているかといえば、よく分かっていないケースが多いと思います。日本語に訳せれば、そこを理解しているとは限らないということです。「英語で英語を理解する」ことをゴールにするのであれば、この名詞句の問題はどう扱うんだろうか。

 次に教科書ではthat節が出てきます。名詞句を□、前置詞グループを(    )というルールの次は、次です。

  • 接続詞(関係詞)に導かれる節は、[    ]でくくる。that節はⅢにいれる。

ということで、教科書を使って、次のように印をつけます。ここが、田地野先生の意味順とは異なるところです。

  1. I think [(that) dogs are nice]. (p. 32)
  2. I think [(that) some cats are nice too]. (p. 32)
  3. I think [it's a great idea].
  4. I think [it's wonderful].
  5. I don't think [we should just throw them away]. (以上 p. 33)

 次が、there is構文。これも、今までのルール通りにして、thereをⅠ、is(are)をⅡにいれて、「~がある(いる)」と考えさせる。

  1. There is a good Chinese restaurant near here. (p. 46)
  2. There are many other interesting stories in this book.
  3. There is a story about a flying island.
  4. There are also stories about a country of giants and a country of horses. (以上. p. 47)

ちなみに教科書の中で、1の文の後に Shall we go there?が続きますが、このthereの使い方が悩ましいですね。最初に出てくる例文で使われていることが、中学校の先生の指導を難しくさせないかな。

 再び、接続詞が出てきます。従属接続詞も、[   ]で囲み、「0」に入れます。こうすることで、主従の関係がクリアになります。

  1. [When you called me,] I was sleeping in bed. (p. 48)
  2. [When he stayed in Japan,] he visited "Nangasac" and "Xamoschi."
  3. Some people think [that they are Nagasaki and Kannonzaki in Yokosuka]. (以上 p. 49)
  4. [If you go to Sydney,] you should visit the Koala Park. (p. 50)
  5. [If you come to Sapporo in the winter,] you should go and see the Snow Festival.
  6. [If you come to Saga,] go to Yoshinogari Historical Park.
  7. [When you are at the park,] you'll learn about Japanese history. (以上 p. 51)

命令形の扱いが、ここまでないんですね。(私が見落としただけかな?) ofの使い方や、前置詞グループの後置修飾に加え、命令形も別立てで学習する必要があります。高校に入ると、命令形は学習してきたものとみなされます。

 ここまで、□で囲む名詞句が分かりやすいケースが目立ちます。これなら、1年次から□で囲む習慣をつけておくと、とてもプラスになると私には思えるのですが。

基本的「術式」は語順と□

twitter(@kumita0921)でつぶやいた内容をまずは転載します。一部、意味が伝わりやすいように加筆訂正しています。

取り入れるにせよ、批判の対象になるにせよ、英語の教員免許を持っている人の9割以上が使える術式があれば、(英語の)教師としての哲学を持てる時間的・精神的余裕がで きませんか。哲学なき教師は、学校の決まりを、その意味を考えずに、守らせることのみに力を注いだり、生徒の人格を傷つけたりする傾向があります。その理由はどっかの都府のように、教師を決まりを守らせることで管理しようとしたり、その人格を無視するようなことをするトップがいることが大きな原因のひとつだと思われます。この「負の連鎖」は生徒にもつながります。その決まりの意味を考えることなく、「決まりだから」というのは、思考停止状態です。(決まりを無視せよと主張しているわけではありません) 人間関係って、かなりつながっているものです。
 お上がしているような振る舞いを、生徒に繋げな いために、教師としての哲学が必要になるのはこういった理由からです。哲学のためには余裕が必要です。余裕もないのに哲学を求めることは、お金がないのに何か買えというのとおなじです。

だから、授業における、職人技的な技術を必要としない「術式」って大切なんだけど、自身のある先生に限り、職人技を見せてしまう傾向がないかな。そうではなく、基本技こそ見せなければならないと思うんだけどな。ちなみに、この術式というのは、ナントカ化運動とは全く違います。批判大歓迎ですし、批判していけない誰かしらがいるわけでもありません。

椎間板ヘルニアの手術だって、基本的な術式はあります。医者の技術は、いかにして素早く手術を終え、患者の体に負担をかけないかが基本となります。職人技 的な、一般的な外科医とは違う名人的な手術はその後です。そして、誰もがそんな手術ができるわけではない。憧れて、自分の技術を高めようと刺激を受けたとしても、それで自分が研鑽しようとしたとしても、できないことだってあるんです。誰しもがブラックジャックやドクターK、浅田龍太郎になれるわけでもないし、それは決して恥ずかしいことではない。向上心さえあれば、スーパーマンになれなくても、いい医者になれるんじゃないかな。

英語教育に当てはめてみると、実質的に名人技を推奨していませんか? それは、大学でやればいいことなんです。大学は実践的な場所ではなく、未来の教師の幅を広げるところなんですから。現場では、基本的な教授方法が必要で す。
 術式が出来上がったらそれはもちろん、そのまま受け入れてもいいし、批判の対象として捉えてもいい。批判する人は能動的にそのノウハウを考えるのだから、全体として考えればプラスだし、批判されればよりよいものが、「亜流」も含めて改良されます。受け入れた先生は、いつか物足りなくなる。それで次のステップになる。それも進化です。

ワンショットとしてではなく、学習の全ての流れで使えるものを、つくりたいですね。あ、もちろん、批判大歓迎で(*^^*)  どっかのだれかさんのように、教条主義的に、英語教育はかくあらねばばらないなんていうのであれば、宗教や同人誌と同じようになってしまいます。現場で、英語教育学を前面に押し出して、主義論争をしたって、あまり生産的ではない。ところが、英語の授業は英語で行うとか、授業は共通のワークシートを使ってとかいう人たちからは、どうしても宗教的なにおいを私は感じてしまう。

色気を持たずに、目の前の英語教育を考えればいいじゃないですか。そ んな実践例が、松井先生のおっしゃる「ナンデス山脈」。お互いに10分程度発表=ナンデス山脈で、批判を決してしない、勉強会があるといいね。
(以上)

「術式」として考えたものは、次の通りです。

  1. 英文のSVを常に意識させ、「SがVする」(第1345文型)と「A is B. は A = B」(第2文型)を常に意識させる。
  2. 名詞句を□で囲む。
  3. 「gojun.PDF」をダウンロード を使って、英文を中に入れていく。
  4. 音読をする

 そして中学校の教科書を使います。意識するのは、名詞句を作ること、動詞のグループ、前置詞のグループに( )でくくること、それとも疑問文などの語順の変化(このように批判されるかもしれないけど)、ということです。

 中学校の教科書では説明が足りないなぁと思うところは、ネット上でアップされているプリントを使うことも出来ます。たとえば、A of BはBのAで大きな□だとか、前置詞グループの後置修飾だとかは、松井先生や私のブログにもあります。

2014/01/02

教科書を使って語順をマスターする2。

大まかな語順を学ぶと、次に動詞の部分を中学1年生は勉強します。助動詞と進行形です。
助動詞+動詞の原型、be動詞+現在分詞はそれぞれⅡの部分(動詞)に入れちゃいましょう。教科書(Sunshine English Course1)の文を多少変えている文もあります。折り紙が話題になっています。

  1. He can read Kanji. (p.80)
  2. I can make this doll. (p.81)
  3. I can make some animals. (p.81)

その後、疑問文と否定文が入ります。疑問文は助動詞が文頭に来ますが、これは0(主語より左)、否定文は2(動詞)に入れます。

  1. Can you ski? (p.82)
  2. Can you make that lion?
  3. I cannot ski. (p.82)
  4. I can't make that lion.
  5. Can anyone answer the phone? (p. 93)
  6. I can't answer it now. (p.93)

手元にSunshine English Courseしかないので分かりませんが、助動詞の否定については単独ではなく、Q&Aから導入されるのですね。5と6の文は次の課で使われています。

  1. I'm changing my clothes. (p.93)
  2. I'm drying my hair. (p.93)
  3. I'm brushing my teeth. (p.93)
  4. The phone is ringing. (p.95)

ここは、電話が鳴っているので誰かとって!という場面で、できない理由をそれぞれが進行形で使います。こんなやりとりのうちに切れるだろうし、3の文を言っている父親は、歯を磨きながらよく答えられるなぁというのは、ヒミツです(笑)

  1. Are you changing your clothes? (p.95)
  2. Are you drying your hair? (p.95)
  3. Are you studying now? (p.94)
  4. I'm not studying now. (p.94)
  5. Who is talking with Grandma? (p.95)

5の文で、whoが主語になる文は、Qに出てきているんだなぁ。これも、教科書本文に入れられないものか。それはともかく、教科書も後半になってくるので、少し合わせ技が出てきます。

  1. What are you doing? (p.97)
  2. I'm putting on my kimono. (p.97)
  3. Grandpa is making ozoni for us. (p.97)
  4. We can't be late. (p.97)

2のように、「熟語」は1セットとして、導入してもいいかもしれません。また、ここからは「前置詞は(   )でくくり、Ⅳに入れる」というルールを教えたいところです。

 これらのルールで、pp.98-99のReading2が読めればいいのですが、p.98にはandがたくさん出てきて、それがNP and NPだったり、clause and clauseだったりするので、少し乱暴かもね。特に、The little bear, the mother bear, and the man all walk home. は難しいですね。(また、話題がそれてきたので、先に進む)

 あとは動詞の過去形ですが、これはこれで大切なところだけど、語順学習であれば、疑問文や否定文の時には、didとなるので、動詞は原型になるというところに力点をおきたいところです。疑問文のDidは0に入れます。過去形になると、「いつ」の要素が増えてきます。

  1. I visited France last month. (p.102)
  2. I lived in France ten years ago. (p.102)
  3. I arrived in Washington, D.C. three days ago. (p.103)
  4. I visited the history museum yesterday. (p. 103)
  5. I looked at old bikes, clothes, toys, and other things there. (p.103)
  6. I learned a lot about American history. (p.103)
  7. I didn't visit France last month.
  8. I didn't live in France ten years ago.
  9. I didn't visit the history museum yesterday.
  10. I didn't learn a lot about American history.

5では、andを使って大きな□を作る体験ができるし、6ではabout American hitoryがa lotを飾って大きな□を作る学習にもなるでしょうが、ここでは刺身のツマ扱いのことが多いかもしれません。力点は置かれていませんから。まだ、教科書の先を読んでいないのでなんともいえませんが、意識して学習をしないと、おいていかれる生徒も少なくないと思われます。あと、教科書には出てきませんが、この文の否定文も合わせて学習したほうがいいと思います。(過去形の否定文は単独で出てきていないため)

  1. Did you study English last night? (p. 104)
  2. Did you enjoy your stay in America? (p. 105)
  3. Which museum did you visit? (p. 105)
  4. Did you visit the White House? (p. 105)
  5. I didn't study English last night. (p. 105)

そして、そのほかの疑問詞なども学習します。

  1. How do you come to school? (p. 84)
  2. How do you get new ideas? (p. 85)
  3. How do you do that? (p. 85)
  4. Why do you study English? (p. 106)
  5. Because I like English songs. (p. 106)
  6. Why do you know so much about Kachina dolls? (p. 107)
  7. Because I learned a lot about them at a museum. (p. 107)

まとめの部分が、最後の課(PROGRAM 11)です。ここで、生徒は□やandの使い方、副詞・前置詞句について学びます。また、前置詞句の後置修飾まで!ここは、ハードルが高いかもしれないなぁ。たぶん、ここで引っかかる生徒が少なくないでしょうね。p.119のみ書き出してみます。

  • Some years ago, Mr. Sato had a very kind student in his class. She had a pretty name, Aika. Her classmates liked her very much. Sometimes Mr. Sato saw her at school early in the morning. In her hands she always had very pretty flowers. She picked them from her garden. Everyone in her class loved the colorful flowers.

こうしてみると、中学校では、□で囲むよりも、前置詞句(副詞)を(  )でくくるとした方が最初はいいんだなぁ。

ofや前置詞句の後置修飾のように、必要なんだけど、教科書では例文として取り上げられていない部分を勉強しておいた方がいいですね。ということで、2年生の教科書は、次回につなげます。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ