« 先生の成長3 | トップページ | 『高校やさしくわかりやすい英文法』を上梓しました »

2013/07/28

先生の成長4

 だったら、どうすればいいのか。私は、生徒のありのままを受け入れればいいと思う。他者の人格・尊厳を傷つけないという条件で、ありのままを受け入れればいいのではないかなぁと思います。世の中には、いろんな人がいます。いろいろな資質の持ち主がいます。その人たちが集まって、日本というコミュニティを作り上げていきます。だから、そのままを受け入れていけばいいのではないでしょうか。
 こういうと、「生徒が勉強しなくてもいいのか」ということをいう人がいますが、だったらあなたたちの愛している「昔の教育」は、数値目標も何もなかったでしょ?グローバル人材の育成なんていうスローガンなんていうのもなかったでしょ?と問いたい。そんなものはなくても、あなたたちのようにご立派で、優秀な人々が育ってきたではありませんか。
 学校の先生もありのままでいいと思うんです。着飾る必要もない。ありのままでいいと思う。『家栽の人』の中で桑田判事が、「調査官は自分の人生を教科書にする」ということを述べています。これと同じように、「教師も自分の人生を教科書にする」ということで、いいんじゃないかなぁと思います。誰しもが、ブラックジャックやドクターKにはなれないけど、生徒の成長を心の中で願いつつ、教育活動に勤しめたらそれでいいんじゃないかなぁと思う。(生徒の成長を心の中で願うことは、教師にとって必須です) 大阪は教師の希望者も減り、教頭のなり手も減ってきているようです。いくら生徒に勉強を教えたいと思って教師を希望したところで、あんな首長の方策ではうまくいくはずもないでしょう。教師が疲弊したら、そのしわ寄せは児童・生徒にくることが、あれほどに詭弁を弄することのできるお方がどうして分からないんでしょうか。詭弁術で相手をやり込めようと、世論を操作しようが、マスコミとタイアップしようが、こだわりを持つ先生たちを変えることなんてできません。
 先生の成長は、ありのままで学校で先生をしながら、こだわりを自然と持つようになることだと私は思います。虚栄心に流されることなく、あるがままの状態で教師を続けていけば、自分なりに落ち着けるポジションがえられていくものです。モデルを見つけることは大切かもしれないけど、モデルを「神格化」するのではなく、困ったときに「あの先生だったらどうするだろうか」という程度の「内なるアドバイザー」程度にすればいいだけで、別に傾倒する必要もなければ、チームを作って祭り上げる必要もない。あなたなりのピン立ちでいいじゃないですか。仲間とは自立した人の集団であって、集団として力を持つグループではない。「和して同ぜず」は仲間であって、「同するために和す」はどこか違う。
 指導案を書くときに、「クラス観」があります。そのクラスはどのようなクラスだとあなたは理解していますか、ということを書く欄です。教えるべき対象をどのように見るかは教師にとって大切だということです。これと同じように、私は教師にとって必要なもうひとつのことは、適切な人間観だと思います。人間観とは、「自分も生徒も立場は違うが、人間としては同じ価値ではある」というものです。立場が違うと価値まで異なると思っている人がいますが、私はそう思わない。何兆分の1の確率で生まれてきた人間なんですから。生徒指導中に、相手の人格を傷つけるような先生もいることも、残念ながら事実です。同僚だとそれをいいにくい雰囲気もあるでしょう。でも、あなたがそうしなければ、傷つけられた生徒にとっては「救い」になるものなんです。積極的に戦わなくても、あなたがその場にいるだけで、大きな役割を担っています。
 生徒の成長を心の中で願っていられれば、どうすれば学力が上がるか、どんなサポートが目の前の生徒に必要か、などなどが見えてきます。人間としての価値は同じだと思っていれば、上手なコミュニケーションがとれます。これが、教師としての大切な資質だと私は信じて疑いません。
 人間を「労働力」としてのみ考え、利益のためにその人の人格を考えてこなかったり、相手の成長よりも、自分の手柄や虚栄心を高めることに熱心だったりする人が「民間人校長」になってもすぐに辞めたり、うまくいかないのは、こんなことが原因なんでしょうね。まぁ、自分を優秀だと思っている人は、あまり学校の先生には向かないのかもしれません(笑)
 遠藤周作が子どもたちを必死になって勉強させようとする母親に対して、「自分たちを見てみなさい。勉強ができなくても、そこそこ幸せに生活しているじゃないですか」というようなことをエッセイで書いていました。中学生のときに読んだこの1文が、いまだに私には残っています。一組の男女からその子どもが生まれてくる確率は、何兆分の1のものです。せっかく生まれてきた子どもなんですから、子どもたちの成長を信じ、ありのままを受け入れていくようにした方が、よっぽどいいのではないでしょうか。(もちろん、反社会的なものは違いますよ)

« 先生の成長3 | トップページ | 『高校やさしくわかりやすい英文法』を上梓しました »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 先生の成長3 | トップページ | 『高校やさしくわかりやすい英文法』を上梓しました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ