« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/14

Write more

英語表現の授業の「実質的な始まり」か。というのも、学習指導要領では、「英語表現Ⅰ」の改善の具体的事項において、「基本的な言語規則に基づいて、様々な場面に応じて適切に話すことや書くことができるようにし、あわせて論理的思考力や批判的思考力を養うことをねらいとして内容を構成する。」とありますが、現任校で使用しているVision Questはどうも文法ワークブックのような気がして仕方ないのです。そこで、試験のための共通部分を少なめにして、「書く活動」を取り入れていこうと今年は思っています。「気づき」がなければ学習はできないでしょうに。文法問題をいくらやっても、気づける人は少ないんじゃないかな。実際にプレーして始めて、分かるんだし。

ということで、学んだ文法事項を使って、本日は英作文。もちろんベースとするのは、松井孝志先生の「英作文100」。
本校の生徒であれば、「簡単にできる」「難しい」「興味を持ちそう」という内容が、1~5番にあったので、まずはそれを自分たちで解きます。(内容は版権もあるので、問題はここには書きません) 
(1)であれば、冠詞を入れるか/入れないかと迷ったり、a vs theの初歩的なこともでてくるので、ちょっと説明をしました。(3)で多少いたのは、I am coffee. しかし、本日は1人だけI'll orderを使えていた生徒がいてびっくりしました。ここでは、willとbe going toとの復習を。

一通りの問題を行ったあと、パターンプラクティス的に次を一気に英語にします。手が届きそうなんだけど、微妙に難しいところがあるという問題は、集中するのですね。

(1)
私は大学生(a university student)です。
私は中学生です。
私は小学生(an elementary schoolchild)です。

(2)
私はアメリカ人(an American)です。
私は背が高いです。(「形容詞+です」には違和感がありますけど・・・)

(3)
私はハンバーグ( a hamburger steak )です。
私は目玉焼き( a fried egg )です。
私はラーメン( Chinese noodles )です。

(4)
私はバスケットボール部です。
私は陸上部( Track and Field team )です。
私は弓道部( Archery team )です。
私はコンピュータ同好会( Computer club )です。

(5)
私のうちは3人家族です。
私のうちは6人家族です。

そして、この次は奥住先生のcosmosをヒントというか、そのまま移入。高校生になるとほとんどの生徒が携帯を持っているので、本日学んだ英語を使って、自己紹介を私のセカンドメールに自分たちの携帯から送信。携帯を持っていない生徒は、紙ベースで私に提出して、次回の授業でまとめたものを渡します。同じクラスメートが書く英文は必死に読むものですねぇ。これも、奥住先生のお話通りです。

先週末までの怒濤の忙しさもなくなり、ようやく通常運転。本日はお見合いの仲人役をして参ります。そんな年になったんだなぁ、私も。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ