« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/15

俗物的自分が可能な無私の部分

一昨日は妹を連れて病院へ。「高齢出産」なので、心配です。本日には産まれそうだということで、吉報を待っています。

前回の続きです。

「指導方法、その前に」と書きました。すごく極端なたとえであることを承知の上で、こんな疑問をこのごろ強くしています。

  • 名人の先生の口調や間の取り方、指導方法など全て備えたロボットは、すぐれた教師になり得るか

そして、Can-doリストについて感じたこと。

  • すばらしいリストを作り、その通りに授業を行えば、生徒の学力はアップするか

英語教育の施策は、生徒の英語力アップのためのものにあるはず、ですよね。決して、誰かの研究の成果のためだったり、英語教師(教授?)的栄心を満たすためだったり、ということではないはずです。もちろん、「現場職人」である現職教員よりも、持続的に国家が運営されることを考えたり、「英語力」とはどのようなものなのかその方向性を示したりすることは、指導層にとっては大切なことです。もっといえば、方向性を示す人々は、無私でなければ、どこかに矛盾が生じてしまい、それは隠しきれないものであるという、メタ認知能力を備えた強い気持ちを持たなければいけない。(メタ認知がなければ宗教になってしまう危険性がある)

少し話題がそれましたが、「これはすぐれた指導方法だ。だからみんなに広めよう」とか、「リスト作りは生徒の学力アップに役に立つ。だからみんなに広めよう」という人たちには、おそらくは悪気はない。しかし、あなたたちにとって役に立ったことが、他の人にとって役に立つのかというメタ認知能力がない限り、他の人のモチベーションを下げる可能性があることを知ってもらいたい。

「汎用性のない研究」が無駄だとは私は思いません。しかしそれを、「あたかも汎用性のあるもの」として、「広めていこうと発表すること」には違和感がある。「○○大学(高校・中学校)ではこういうことができた、だからあなたのところでもできるはずだ」という条件がまったく違うところで当てはめられると思っているならそれは違うでしょう。

あまりふさわしい例ではありませんが、英語教育の方法論よりもよっぽど汎用性があると私は思っているアドラー心理学をベースとした対生徒関係でさえも、教師の人間観がアドラー心理学と違えば、意味が非常に薄れてしまうわけです。教師は生徒をコントロールすべきだという発想の元では、アドラー心理学は使えません。(そういう人がアドラーを学ぼうとはしないだろうけどw)

つまり何がいいたいかというと、プラクティカルなことよりも、「学力」を生徒に「伝承」したり、興味を抱かせるような、その中間的存在の教師というのは、人となりが大切なんじゃないかなぁということです。故・遠藤周作がそのエッセイの中で「キリストやムハンマドなど立派な人物だとは思うけど、彼らが自分の連れ合いだとしたら辛いだろう」と書いていた(気がする)。成人君主は立派だけど、こっちが疲れてしまう。俗物ではあるけど、手の届きそうなちょっとした部分が無私であるとういことだけで、私には人間的魅力を感じるのですが、いかがなもんですかねぇ。

やっぱり、文学に戻るといいかもしれませんね、19世紀のイギリスのように。

2012/11/13

指導テクニックを磨く、その前に。

ということで、久しぶりのブログ。
11/1(木)には今年も広島大学教育学部でお話しする機会をいただきました。昨年は「いつもの話し」だったのですが、今年は趣向を変えて、「新たな話し」だったので、どんな雰囲気になるか心配でしたが、オウディエンスにも恵まれ、自分なりには受け入れてもらえたかな・・・。
ブログでも有名なY先生や、広島大学のK先生とお話しする時間も持て、本当に感謝しています。ありがとうございました。
その後はお好み焼き屋さんで懇親会を開いていただき、ありがとうございました。もともと照れ屋なものなので、どうしても自分を壊さずにはいられません(笑) それにしても、広島大学の学生さんのパワーはすごいなぁ。いや、ホント。特に院生のパワーは強すぎ。
その時に使用したパワポファイルはこちらからです。

「2012.ppt」をダウンロード

翌金曜日は宮島経由で山口へ。今年は弥山にも登ることが出来たし、お好み焼きも食べることが出来たし、思い残すことなく、宮島を楽しめました。

山口県の目的は、第5回山口県英語教育フォーラム。内容については、クリックをして下さい。
今年は、うーんと思ってしまう発表もありましたが、全体的には山口県を訪れて満足でした。前日は、anfieldroadさんと、お店のはしご。湯田温泉で36年間、カクテルを作っているお父さんのお店で1杯、ショットバーで2杯と、翌日が講演だというのにも関わらず、遅くまで付き合わせてしまいました。でも、付き合ってくれてありがとうございましたm(__)m

さて、今回の広島山口遠征で、自分の中のモヤモヤで明らかになってきたこと。

  • Can-doリストは、何のためにあるのかなという疑問
  • 自分の立ち位置を強くするために生徒アンケートを使うことへの嫌悪
  • 指導方法を発表することに対する疑問

can-doリストは、官民あげての「流行」です。こういうとき、どうしても私は斜に構えてみてしまう。このリストを作ったからといって、本当にそのリスト通りに出来るケースがどれだけあるというのだろうか? ○○高校は出来た、▲▲中学校は出来た、そんな話しも聞きますが、その中学校や高校は、1学年の5クラスや8クラス、全てで本当に出来たというのでしょうか。普通科は除くだとか、1~2クラスだけのナントカ科だけの実践だったりするなら、汎用性という観点からは弱いと思います。つまり、多くの高校にとってのモデルにはなり得ないということです。
そして、そのうち、授業の見通しを作るためのリストなのか、リスト実現のための授業なのか、どっちがメインになるのか分からなくなってくるんじゃないかな、と私は思ってしまいます。それに、そのリストについて来られなかった生徒はどうフォローするんだろうか。
たしかに見通しをつけるリストもあった方がいいのだろうけど、それよりも「実践的」なのは、「このような授業実践をして、この時期にはこのようにすれば良かった。こうすべきだった。こう実践が出来て良かった」という反省録だと思います。

生徒アンケートというのも、私も今までに使ったことがあります。自分で使っていながらいうのもなんですが、生徒アンケートを無条件で「活用」してはいけないと私は思う。というのも、生徒はこちらのことを、思いやってくれます。大しておもしろくない講演を聴いても、「おもしろく、勉強になりました」と答えてくれるのですよ、生徒は。5段階でアンケートを聞いたって、おもしろくなくても、「2:少しおもしろかった(役に立った)」を選んでくれるものなんです。ちょっとは楽しいと思えば、「1:とてもおもしろかった(役に立った)」と答えてくれるものです。自分たちがどのように答えれば、そのアンケートは「役に立つのか」を考えながら生徒は答えてくれるものです。(教員は、あまり考えない人が多いかもしれないけど;笑) だから、それを錦の御旗とすることに私は躊躇します。

最後に指導方法。たしかに、授業が上手な先生の指導方法は勉強になります。こんな導入方法があるんだとか、こうやって英語を書かせるきっかけを作ればいいんだ、というノウハウは勉強になります。でも、若い先生には、その指導方法は真似てもらいたくないと思います。それよりも、その背後にある教材に対する哲学を参考にして、自分なりの哲学を作り、それをいかに具現化していくかを考えた方が、オリジナル=自分らしい授業に近づくと私は思う。名人と呼ばれる先生は、そのオリジナルの実現に成功したのでしょう。

もう少し書きたかったのですが、妹が産気づいたので、残りはまた後日に。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ