« Teachers think, therefore we are. | トップページ | 指導テクニックを磨く、その前に。 »

2012/10/17

感謝!

授業も「受験モード」に徐々に近づく。といっても、構文集や問題集を行うわけではなく、基本は「要約・音読、そして単語」。

授業の開始は英検の長文問題の活用。第2回山口県英語教育フォーラムで、永末温子先生 (福岡県立香住丘高)から学んだ方法です。表面に問題文、裏面に問題を印刷し、長文を読んでから問題に進みますが、一方通行です。最初は、3級から始まり、次に準2級(←現在、ここ)。これから2級まで進む予定。要約をしっかりと行っている生徒は全問正解している割合が高く、さすがですね。
今年で、山口県英語教育フォーラムは第5回を迎えるようです。私も伺いたいと思っています。

  • 第5回山口県英語教育フォーラム

    「『Can-Doリストの使用』、その前に・・・。」、 長沼 君主"東京外国語大学)

    「『英語の授業は英語で』、その前に・・・。」、 山岡憲史立命館大学

    「『自己表現』、その前に…。」、 奥住 桂埼玉宮代町立前原中学校)

講師の先生を取り囲んでの懇親会も勉強になります。講演やブログでは分からないお人柄を感じられることが興味深い。今年は、山口県に山形の銘酒を持っていきますので、また多くの出会いがあるといいな。

長文をしてからは、大学入試センター試験の並べ替えの問題を使い、文法の復習。どうも分からなくなってくると、動詞をふたつ並べたり、前置詞の後に動詞を入れたりと、彼らのイメージする「文法学習」とはまったく違う問題なのに、自分たちでより複雑にしてしまう生徒がまだいます。SVは大切に、前置詞の後には名詞、SVがふたつある場合は接続詞がある、makeを見たら知覚動詞だと思え、見る聞く感じる知覚動詞、そんな標語的に繰り返し復習をしています。恥ずかしながら正直言えば、自分が今まで授業で行ってきたことは、そんなに生徒には定着していないものですね(苦笑) でも、「思い出す」という作業が出来ているので、よかれとしますか・・・。

授業の最後の30分程度で「要約」です。これについては、また近日中に。

さて、お陰様で、柳瀬陽介先生、奥住桂先生との共編著『成長する英語教師をめざして』の第2刷が出ることになりました。


日本各地の、校種、年代・立場を超えて、英語の先生方の思い・考えが詰まった一冊です。たとえば高校であれば、いわゆる進学校から、いわゆる底辺校まで書かれており、どの学校でも英語の教師の役割は、英語の授業を通じて、生徒の成長を促すことなんだなぁということが分かります。さらに、その作業を通じて、教師自身も、英語教師として、さらには教師、人間として成長していくことが胸に響いてくるエッセイで書かれています。

第2刷には、帯がかかります。その帯はこちら。

Viewattachmentimage

帯には筑波大学の卯城先生、埼玉医科大学の笹島先生の書評の抜粋が引用されています。皆さま、どうかご購入下さい♪

« Teachers think, therefore we are. | トップページ | 指導テクニックを磨く、その前に。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Teachers think, therefore we are. | トップページ | 指導テクニックを磨く、その前に。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ