« 山を越えると、里ではなく新たな山が見える | トップページ | 関係性 »

2012/07/06

名誉を求めない

こんな学校の対応、そして教育委員会の対応は本当なんだろうか?とにわかには信じることができませんでした。正直に申し上げれば、今でも信じられません。それほど、私の「常識」では考えられないことです。

いじめという問題は、残念ながら学校の中だけではありません。職場にもあるでしょうし、業界にでもあるでしょうし、政治の世界にもあるでしょう。一部政治家に対する、マスコミの偏向とさえいえるような報道は、完全にいじめです。しかし、学校では「先生」というジャッジがいるところが、他とは違います。

確かに、「相手とかかわり続ける覚悟のある鍛え」までもが、「いじめ」「しごき」として批判されることに私は大いに違和感を感じます。学校の中には、学校の中の論理があり、それを学校の外にいるマスコミや「識者」がしたり顔で論評することに、吐き気さえ感じます。私自身、保護者として学校の対応に違和感を感じても、先生にかかわり続ける覚悟があれば、自分の子どもが成長していく姿を見ているからです。(この、「かかわり続ける覚悟」が大切なところ! これがなければ、理不尽は単なる理不尽になる)

しかし、今回の件は、そんなレベルではもちろんありません。

教育委員会は、いったい、何を守りたいんだろうか。そして、学校(このように「学校」というと、主体があいまいになってしまうのが残念だけど、これは管理職のことなんだろうか?)は何を守りたいんだろうか。

彼らが守りたいものは、何か問題があったとしても、何事もなかったかのようにして、現状を守りたいのかなぁと私には思えて仕方ありません。これは、文部科学省にも通じるDNAなのではないかとさえ、思います。

原発事故の後、年間「20mシーベルトまでは被爆しても大丈夫だ」といってきたのは、文部科学省です。良心的科学者の警告を無視して、それに従ってきたのは、各地の教育委員会、そして、それにつながる管理職です。
危険性がまだ分らなかったとき、児童・生徒の安全を考えていれば、給食を弁当に切り替えたいという訴えがあれば、すぐに対応できたはずです。それさえも、嫌がる校長・教育委員会もあったという報道もありました。

こうしてみてみると、彼らがほしいのは、変わらない現状なのかもしれません。放射性物質だろうと、いじめがあろうと、自殺があろうと、変わらない現状のためになら、「因果関係が分らない」「はっきりとした原因の究明ができない」という「結論」を下すのでしょうか。

本当のいい先生とは、子ども(児童・生徒)の「安全」を守ることのできる教師だと私は思う。そして子どもは、学校で「勉強」をする。学校に必要なことは、「安全」「勉強」のふたつであり、そこから子どもたちは自分たちで成長していく。子どもに勉強をするようにいいつつ、自分は「安全」については、ヒラメよろしく、上の意向ばかり気にしているようなら、表面的には優しかろうと、表面的には面白かろうと、ぜんぜん「良い先生」ではない。

教育職に携わる人間は、名誉を考えると卑しくなる。教諭が管理職をめざすと、校長の意向を忖度するようになる。校長になれば、実績がほしくなって、カイカクしたがる。そして、校長の中でもえらくなれば、退職した後にどっかに天下りしたり、教育長を目指したり、勲章をほしがったりと、さらに名誉や権力がほしくなる。もちろん、例外ともいえる良心的な管理職もいるでしょうけど。こういう「道」があるからこそ、「変わらない現状」を求めているんじゃないだろうか。(ぜーんぶ、一般論です、念のため)

それで傷つくのは、子どもである。

だいたい、教師をめざす人間は、その道でトップではない人がほとんどです。えらそうにいう私だって、トップとは程遠い成績でしたし、それは今でも同じです。だからこそ、せめて、子どもの安全を第一に考えられるためにも、名誉なんて考えないようにしたいものです。
そして、透き通った意味での、「幸せ」の哲学がなければ、妙な道に乗ってしまう危険性がある。「役割だから」といいつつ、結局はミイラになってしまう危険性があるってことです。人間に対する哲学がなければ、人間に対応はできないし、40前後になってもその哲学がなければ、「学校の教師は勉強さえ教えていればいい」と思うんだろうね。(教師にそんな哲学を求めることは、スーパーでロケットを求めるようなもんだと思っているのかもしれないけど) しかし、学校が本当の意味での学校になるためには、必要だと私は思いますが。

大津市の中学校2年生の男子生徒のご冥福をお祈りします。
合掌。

« 山を越えると、里ではなく新たな山が見える | トップページ | 関係性 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

子供の学校でのいじめについて。
子供が学校でいじめられ、問題が大きくなると学校、先生の対応が問題になります。
親が前面にでてくることはありません。
複数の生徒を見ている担任より個人で対せる親のほうが子供の状況が判り、まず最初に直接対処できるのではないでしょうか。
30数年前、娘が中学3年の時に付き合い仲間からいじめを受けました。妻から話を聞き暫く様子を見ていました。ある日娘が入浴中に倒れいじめが起因し
ていることが判りました。まもなく修学旅行ということもあり、決断し、私が直接関与することを娘に渋々納得させました。
私、娘、相手の二人、二人の親と学校で話し合うことを担任に許可して貰いました。今思えばよく許可してくれたものです。会社は休みをとりました。
相手の親は来ず、四人で話し合い、非は娘にもあることをお互いに納得し合いました。
その後はいじめもなく、修学旅行、卒業と無事終えました。
娘は、高三女、高一女、中二男と三人の母親となっています。
先ず親、特に男親が積極的に関わるべきだ思っています。

☆晩学さま
コメントが遅れて、申し訳ありません。このエントリーについては、公開しないコメントがいくつもあったので、コメントを返すかどうか考えたまま、そのままになりました。
お嬢様の件、解決されてよかったですね。事実が分かり、相手の保護者と話し合われたことは良かったと私は思います。(担任の先生も立ち会われたのでは?) そこにいたるまで、多くの課題を乗り越えられたことも、簡単に想像できます。
実際に、いじめに特効薬はなく、いじめが起こらないような環境づくりと、気づいたときにはすぐに対応することが必要なことです。担任一人ではどうしようもないこともありますが、特別活動などで一人の生徒がでないかどうかを気にするだけでも、対処できることもあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山を越えると、里ではなく新たな山が見える | トップページ | 関係性 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ