« 学び(2) | トップページ | 手段と目的 »

2012/05/16

all pain, no gain

前日は夕方にガス欠状態。進学者用の補講を行い、そのまま帰宅してきました。
その前日は、友人であるsoftmachine社長のM氏に、「(web)デザイン・映像について」の話しを生徒にしていただきました。前回の目崎雅昭さんに続いての企画でしたが、今回は2クラス合同です。

デザインについてという話しは、門外漢なので生徒が希望していても、「そっか、頑張れ」で終わってしまいます。それが分かっているから、生徒は一切相談してきません(苦笑)。しかし、Mさんの講演の後、ふだんはほとんど私は声を聞かない生徒が、M氏に「話をもっと聞きたい」と話しかけてきたり、デザインや映像とは縁のないような進路を考えている生徒がやってきたりと、「本物」に触れると何か感じるものがあるようです。それは、講演後のアンケートにも表れており、「とてもおもしろかった。これからの人生に役立てていきたい。本日はありがとうございました」という、高校生が書くような表面的な文章はほとんどなく、A4の用紙に所狭しと思いが書いてありました。
Mさん自身が、ストレートにデザインの仕事に入ったわけではなく、30近くになってからはじめたという「回り道」も生徒にとってはプラスだったようです。人生は直線じゃないんですよね。

このごろ、再び『北斗の拳』が気になります。これは、日本版の『ゲド戦記』だと私は思っています。ケンシロウの成長があり、そして後継者としてのリュウの成長。「哀しみ」とは「人生を受け入れること」であり、自分自身を高めていけば、その先は自然と道が切り開けていくから、そこを歩んでいく。そんな風に、私は勝手に理解しています。

リュウというのは、「ラオウ」の息子です。リュウを育てていたリセキは、ケンシロウにリュウを返すときにこういいます。

  • リュウはいまだ生のままに。われらのちっぽけな生きざまを教えても害になるだけ!それゆえ生のままに育てました。あとはあなた様が!

そしてリュウはケンシロウとの旅の中で、大きな男の人生を見ます。ケンシロウは一切、リュウに何も教えません。リュウはケンシロウと共にいるだけです。2つの物語を終えると、ケンシロウはリュウの元を離れます。

  • リュウ!おまえはその小さな体にすでに哀しみを知る心を刻みつけた。お前に教えることはもうなにもない。あとはラオウの血がおまえを進むべき道に導くであろう。

こんな置き手紙をして、急にいなくなります。

心理学のグレートマザーではありませんが、「教える」とは「型にはめる」ということです。「ちっぽけな生きざま」なんて教えたって、教育目標に加えたって、なんの意味もないどころか、「害になるだけ!」なんでしょうね。「子どもには可能性がある」というのであれば、ちっぽけな生きざまをしている大人が人生についての何かを教えようとするって事は、百害あって一利なしなんだろうな、と本当に思う。

なんだか、英語教育のことはまったく書かなくなってきたなぁ(苦笑)

« 学び(2) | トップページ | 手段と目的 »

コメント

参考になりました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 学び(2) | トップページ | 手段と目的 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ