« 舞踏会の夢 | トップページ | happy surprise! »

2010/07/25

舞踏会の夢(2)

朝食後、ウトウトとしていると、夢を見ていた。また、田中氏が現れてきたのだ!

別室で息を潜めていた田中氏だが、もう一度、勇気を振り絞って踊ることにした。今までと同じことをしたってダメなんだから、発想を変えてみよう。自分の服を考えるのではなく、女性のニーズに応えられるようと、彼は考え方を変えたのだった。

よく見てみると、女性も踊りたくて来た人ばかりではない。踊りなんて嫌いで嫌いで仕方がないという人もいるし、友だちに誘われてという人も少なくない。踊りが上手になりたいという人もいるけれど、適当に踊れればいいや、なんていう人もいる。

自分でよしと判断した服を着て、なんとか踊ってもらえることになった田中氏。相手は、ステップがあまり上手ではなかった。周りに気づかれないように、ステップを教えると、彼女はとても喜んだ。「このステップが出来なかったんですけど、自分にも出来たって驚きですっsign03」と驚く彼女。その評判を聞きつけ、今まで踊っていなかった女性も、踊って欲しいと言ってきた。

ちょっと楽しい田中氏。

自分の服を見ると、ズボンの裾が長すぎるな。見栄を張って長いものを買ってしまったけど、短くした方が相手は踊りやすそうだ。

踊りの休憩中、のどが渇いていそうな女性に、田中氏は飲み物を持っていった。とても喜ぶ彼女。実際に、踊っているだけが舞踏会ではないのだな、と田中氏は気づいた。

そんなことを繰り返し、相手にニーズに応えつつ、出来るだけ実践的踊りやすい服を田中氏は自分で服を作り上げていったのだ。もちろん、舞踏会で彼と踊りたいという女性は徐々に増えていった。

そして、ふと、仕立て職人を見てみた。

実際に踊ったこともないのに、どうしてあそこまでエラそうに、踊りとはなんぞや、魅力ある踊り手とはなんぞや、と言えるのか不思議に思えてきた。最初は、ははーーっと彼らに平身低頭していただけだったけど、冷静に見てみると滑稽に見えてくる。そして、踊り手の中に、腰巾着のように彼らにくっついている連中が、情けなく思えてくる田中氏。

自分の話しをよく聞いてくれる仕立て職人と田中氏は会うことができた。仕立て職人としての技術と、踊り手としての矜持とがコラボすると、どれだけ魅力ある踊り手になるか、田中氏は分かるようになっていった。

あ、あ、あつい。。目が覚めた。あ、夢だったんだ。。。

今からリアル倫太郎とスーパーに行く約束があるので、今から出かけます。暑い日が続きます。みなさま、どうかご自愛下さい。

« 舞踏会の夢 | トップページ | happy surprise! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 舞踏会の夢 | トップページ | happy surprise! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ