« ロマンチックなリアリスト | トップページ | 奨学金はビジネス? »

2008/07/24

この国は弱いものいじめが通るのか?

腹立たしい。

大分の教員採用試験を巡る事件で、ついに若い先生が辞職をしたとの報道があった。朝日新聞のサイトには、彼女の辞表に添付された書類に

  • 全く知らなかったとはいえ、自分も責任の一端を感じずにはいられない。事態の沈静化と教職員全体への信頼回復のため、職を辞することを決意した

とあったらしい。

何も知らなかったとはいえ、この先生は今回の事件が発覚してから、学校に行くのが辛かっただろう。ずいぶんと、辛い中での決断だったろう。

 その一方で、教育長が辞職をしないのはどうして? 県の教育のトップが、「知らなかった」だけで、その職にとどまるのでしょうか。武士としての志が全く感じられない。そんな人間が、教育畑で偉くなっていくのって、ホントに良いんですか。 

 教育委員は誰か辞めてはいないんですか? 

 秘書が口利きをしたといわれている議員が辞職しないのはどうして? 報道で名前が出てこなければ良いんですか? 結局は、秘書が行ったこと、自分は知らなかったで通すつもりなのだろうか。日本の政治って、所詮はこんなもんなんでしょうか。

 だいたい、今回の件は大分だけなのかい? そして、教員だけなのかい? 地方自治体の公務員にコネってないのかい? これについて、どうしようもないほどの、腹立たしさがあるけれど、あえて言うまい。

 しかし、組織的な矛盾について、若い教師が辞めることで、一件落着にしてはいけないだろう。

 愛国者であり、愛郷土者である私は、自分たちの立場を利用して利権をむさぼるこういう人々を決して誇りには思えない。「知らなかった」と堂々と、マスコミの前で言ってしまうような教育長を、誇りには思えない。だいたい、彼らの姿勢は「我が国と郷土を愛する態度」と矛盾しませんか? 

 「不正採用された人には辞めてもらう」なんていっているようだが、そういう体質のど真ん中にいる人こそ、いちばんの責任者だろうに。若い人材という弱い立場だけをいじめて、解決なんて私にはおかしいとしか思えない。今回の事件に関わった偉い人が辞職をすれば、採用されるはずだった若い先生を採用できませんか? 

 これこそ、教育現場のもののふとしての自覚はこういう人にはないのだろうか。これじゃ、大人が手本を示さず、子どもに何を教えようというのだろうか。

 寅さんではないけれど、「それをいっちゃぁ、お終いよ」と同じように、「それをやっちゃぁ、お終いよ」ということがあるだろう。『「心の傷」は言ったもん勝ち』の中嶋聡氏は

  • 「おふざけ」「お遊び」といえる(中略)「お」がつく程度のこと、自然に「お」をつけて呼べる程度のこと

という基準で、世の中のグレーゾーンを認めてもいいだろうと言っています。確かにそうでしょう、私もそう思います。「お」が付けられないことは、「それをやっちゃぁ、お終いよ」なんです。

 さて、今回の事件。「お」をつけることが出来るのでしょうか?

« ロマンチックなリアリスト | トップページ | 奨学金はビジネス? »

「教育」カテゴリの記事

コメント

現場で一生懸命児童生徒たちと生きている先生方が一番苦しんでいるだろうと思うと、やり切れません。今日のニュースで教員にアンケートを取ったという映像が流れていました。一部だけですが、几帳面にぎっしりと書かれている様子を見るとますます心が痛みます。

☆Lucyさま
 コメントありがとうございます。
 教員で権力を持つ一部の人々は、どうして若いときの志と決別して、どのように変わっていくのでしょうか。
 教員に、修行僧のようにストイックなるべきだなんてぜんぜん思ってもいません(自分でも目指してはいませんし、ご存じのように;笑) 
 几帳面でまじめだからこそ、世間からの無責任な批判に耳を傾けすぎたり、過剰に反応しすぎたりしてしまうのかなぁって思います。80点取れれば、評定で「5」、大学では「優(A)」がもらえるんですよねnote

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロマンチックなリアリスト | トップページ | 奨学金はビジネス? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ