« どうして英語教師は嫌われるか? | トップページ | 未分化と孤立と分化=独立 »

2006/11/09

学力低下とは関係がないのかなぁ。

 高校に入学し、初めて携帯電話を持つ、そんな生徒が少なくない。中学校の時に比べて、通学距離も長くなるし、電車やバスを利用して通う生徒も多いので、携帯電話は必需品になってくる。もちろん、友だちが持っているから、ということも大きな要素の1つのようです。

 ところが、その携帯電話が徐々に中毒になってきます。携帯を持っていないと不安だ、メールを出してすぐに返信がないと、嫌われているのではないか、と思うようになってくる。生徒によっては1日に100通以上のメールを出すものさえ少なくはないのです。
 生徒が携帯でメールを打っているときの顔を見たことがありますか? ひと言で言ってしまえば、「ボー」。ちょっとキツイ言葉でいえば、「腑抜け」。周囲に注意を払うこともありません。「携帯を使用しているときは、脳が動かない」と報道されていましたが、脳の動きを見るまでもなく、顔を見ていればすぐに分かります。

 「ずいぶんと、携帯代がかかるのでは?」と聞くと、「定額だから大丈夫。たくさん使わなければ損だよ」という答えが返ってきました。うーん、損ですか…。そして、また携帯を使い始めます。

 学力低下の原因が学校や文部科学省の政策にあるようにいわれていますが、携帯って関係ないのでしょうか? コミュニケーション能力の欠如も、この携帯って関係ないのでしょうか? 

 メールで絵文字を使うことで、適切な感情表現が出来なくなり、自分の常識(感覚)の範囲外のことは全て「ヤバイ」。すっごく不味いものも「ヤバイ」、美味しいものも「ヤバイ」。怒りの感情も適切に伝えることが出来ない。相手の何に自分が怒っているのか意識化できず、そんな相手への要望が意識化できないときに使うことばが、「うざい」。

 もちろん、これらの全ての原因が携帯だなんて思っていません。しかし、授業でコミュニケーション能力の育成なんていわれて、世間もそれを望んでいるのに、実生活の中ではコミュニケーション能力を阻害するものが氾濫し、そんな商品が高校生を1つのターゲットにしているわけです。何か矛盾を感じます。

 こんな話しを同僚のA先生と話していると、A先生の母校の私立高校は携帯の持ち込みを禁止しているとのこと。少なくとも、始業から終業までは携帯を禁止になんて出来ないでしょうか? ただ、公立高校でそこまでの指導を徹底するのは難しいだろうなぁ。いっそのこと、学校教育法か何かに取り入れるというのは、どんなものでしょうか?

(追記)
 学校教育法か何かに、、、というのは、もちろん冗談ですので、真に受けないで下さい(^^;; 

« どうして英語教師は嫌われるか? | トップページ | 未分化と孤立と分化=独立 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

最近ちょくちょく見させていただいております。しなやかな感性で教育現場の感想を綴られておられますね。
携帯電話は本校では持ち込み禁止です。しかし、大方は持ち込んでいます。状況は未履修問題と同じですね。しかし、生徒が携帯を持っていると、取り上げます。担任によっては数週間のあずかりということもあります。
僕は英語の教員でないのですが、英語教育にとても興味があります。自分でも機会があれば教えてみたいとも思いますが、趣味にとどめておいたほうがいいのかな、とも思います。

kojiさま
 はじめまして&コメント、ありがとうございます。お越し下さり、ありがとうございましたm(__)m コメントをいただけますと、本当に勇気づけられます。
 確かに、履修問題と同じように、携帯電話の問題は、建前と現実とがかなり違いますよね。きれい事だけでは済まされないことが現実に目の前で起きていることに、違和感を覚えてしまうことがあります。

初めまして。先生のブログを読ませていただき、大いに勉強させていただいております。
 携帯電話の悪影響は、私も、ものすごく感じています。
 11月20日の朝日新聞に、藤原新也氏が、携帯電話は「発達途上の子どもの心を複雑に蝕んでいる」と書いています。消費社会が進み、企業が子どもたちの財布から、お金をまきあげるように(!?)なってから、子どもたちが、著しく変わったように、思えてなりません。藤原氏の記事は、もしお読みでなかったら、おすすめです。
 また、ちょくちょく読ませていただきますね。
 
 

mikamamaさま
 コメント、ありがとうございました。少し、沈んでいたときだったので、とても励まされました。
 朝日新聞は普段読みませんので、明日、職場でチェックしてみたいと思います。ゲームにしても、携帯にしても、化粧品にしても、色々なところで中学生や高校生、時には小学生までがターゲットになっています。こういう問題を脇におき、「おたくの学校の生徒は化粧が濃い」「携帯電話のマナーが悪い」と学校に求められても、困惑してしまう教員の方が多いのではないのでしょうか? 時には、マスコミもその一端を担いでいると感じることさえあります。
 これからも、よろしくお願いします(^^)

お忙しいところ、早速のお返事ありがとうございます。藤原氏の記事は、オピニオンというページにあり、論点の中心は、「いじめ」ですが、携帯電話についても、深い洞察が述べられていると思います。
 今、読み返しますと、大変押しつけがましい書き方で、失礼をいたしました。
 これからも、ブログの更新を楽しみにしております。でも、決して無理はなさらないで下さい。
 こちらこそ、よろしくお願いいたします。

mikamamaさま
 コメント、ありがとうございます。「いじめ」については、もう少し自分の中でまとまってから書きたいと思いますが、なかなか難しい問題をはらんでいるのではないでしょうか。大人社会にいじめは存在するわけで、自分たちのこと(行動)は脇に置いておいて、学校にだけ理想郷を求めることに違和感を感じるのは私だけでしょうか?
 新聞が金曜日に見られなかったので、朝日新聞を持っている先生に月曜日に持ってきてもらうことになっています。
 お心遣い、ありがとうございます。気が向いたときだけの、「英語教育に対して」というより、「教育に対して」という不ログになってきていますが、今後とも、どうかお越しください(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38558/12622268

この記事へのトラックバック一覧です: 学力低下とは関係がないのかなぁ。:

« どうして英語教師は嫌われるか? | トップページ | 未分化と孤立と分化=独立 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ