« 未分化と孤立と分化=独立 | トップページ | Shame on You! »

2006/11/16

そこにいることの、大切さ

 色々と教育問題がマスコミに出ています。そういうマスコミ報道を見ていて、いつも感じることは、学校教育のシステム的な問題という意味ではなく、事象の裏側をどこまで取材して書いているのかということです。表層的に書いたところで、根本は何も解決しません。根っこの部分に切り込むためには、人間に対する愛情や興味、教育に対する関心やその力に対する畏怖などがなければ分かるはずもない。

 私たち教員も、やるときは徹底的に解決に向けて、取り組まなければならない。全体像が見えたら、The sooner, the better.です。全体像が見えていないのに、急ぎすぎると失敗します。かといって、全体像の理解が遅れると手遅れになることもある。

 全体像の把握のためには、普段の人間関係や観察力が必要となってくる。これは、とても難しい課題です。少なくとも、出張や休暇で学校から離れていることが多いようでは、私には難しいですね、全体像を把握するのは。

 そこにいて、ある程度が把握できていれば、安心感のある教室になります。

 学校にとって最低限度必要なことは2つあります。1つは生徒が勉強すること。もう1つは、生徒が安心して学校に来ることが出来ること。この両者が土台となり、学校は成り立つものです。

 「そこにいること」は大切なこと、というわけです。

 「休暇は権利」「出張は仕事」といわれれば、それまでです。しかし、権利と同時にしなければいけないこともあるし、外に出る仕事よりは、内側の仕事の方が大切だと私には思われます。

« 未分化と孤立と分化=独立 | トップページ | Shame on You! »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 未分化と孤立と分化=独立 | トップページ | Shame on You! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ