« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

想像以上の伸び

今朝のブログに書いたように、英検の過去問題を行いました。資料を職場に書いてきたので、アップは後にしますが、とにかく驚くばかりの伸びでした。

英検3級は、中学卒業程度の学力を必要とします。問題数は65題。筆記が35,リスニングが30です。試験は4択(一部は3択)となっていて、何にも知らない人が適当にマークをしても、18点程度はとれます。

詳しくはまた明日にしますが、いちばん今回の試験で驚いたのはS君。9/14に試験をしたときには、21点だったのに、今回はなんと、35点と大幅にアップしました! スゴイでしょ!? ← 自分でいうなって! 点数が倍増した彼はともかく、それ以外の生徒でも36点や40点の生徒が52点になっていたり、25点の生徒が38点になっているなど、とにかくこちらの想像を大幅に超える点数の伸びを見せました。

明日と明後日は、忘年会があるのでサイトには書き込めないかもしれませんが、週末には少しまとめたいと思います。明日から12月。まだ2ヶ月あります。中学生の諸君、ステップアップをトライしてみませんか?

「中間」試験の予告

以前にここで書きましたように、拙著「短文で覚える英単語」を12人の生徒と一冊暗記に取り組んでいます。平日に一日4文をほぼ覚えるようにしたところ、ようやく半分(128番)まで到達しました。

ということで、11/30(水)の放課後にどの程度の学力がついたかを確認するために、今年度第2回の英検3級の試験を行う予定です。早ければ、その結果は今晩にもアップしようと思っています。(本人たちの了承済みです) 出席率(実施率)が50%~ほぼ100%と差があるので、その差がどのように出るのかも興味深いところです。

2005/11/29

高校生とアイデンティティ

また面白そうな教材が出て来た。三省堂のExceedは、英語1と2では「言語」「文化」にこだわっている教科書だが、主に3年生が使うReadingでは著者からのメッセージが含まれていて、使っていて楽しい一冊だ。

いま学習しているレッスンは、アイデンティティについて、と勝手に解釈をする。自分とは何者なのか?自分はなんのために生まれてきたのか? 社会における自分の役割は何なのか? 自分はどのように生きていきたいのか? 自分は、社会にどんな貢献していきたいのか? という問いかけを授業の最初に行う。

そこで、エリクソンのライフサイクルを紹介。人間のゴールは、「心穏やかに、どのように死んでいけるか。死ぬ前に、『自分は生きてきて良かった』と思える」ことだと思っているので、老年期からの問いかけを始める。

本題とはずれてしまうけど、心理学的なバックグラウンドがないと、心理の話しはやめた方がいい。自分の内面を見つめることは、ある意味とても危険なことで、それがきっかけで病気になってしまう可能性もある。ちょっとかじった知識でそれに触れてしまうことで、大きな「陰」が出て来てしまうこともある。(「ゲド戦記」風) 何気ない一言が地雷を踏むことにもなりかねないので、特に若くて、気持ちが生徒に近い先生方は気をつけた方がいいでしょうね。(このサイトで心理について、踏み込んで書かない理由もここにあります。)

アイデンティティについては、そろそろ自分のことを生徒にも語れる部分が出て来たので、いかにして自分のアイデンティティが出来てきたか、を(自分が)危なくない範囲での紹介。英語の教員としてのアイデンティティは、自分がなりたかったもの、現在でもなりたいものは、英語教諭であり、生徒の成長を援助していける担任なんだよね、とかっこいい「自己紹介」(笑) あとで書いてみると、ちょっと照れくさい(苦笑) でも、授業の時は、なんとなくそれがスムーズに語れてしまうアノ雰囲気って何だろう?(^^;;

日本という国は、ムラ社会という共同社会だったから西洋風のアイデンティティが出来ずらい文化を持っているのだろう。とはいえ、日本式のアイデンティティだけでは限界があるし、西洋式のをそのまま取り入れることも出来ない。だから、日本式のものをベースとして、西洋の良さを取り入れることが必要になってくる。ここで、Exceedで以前に出ていた「The Silk Road」を紹介。まさに、同じ事が書いてある。そんな狙いで教科書を編集されたのか、責任著者のM先生に今度、メールを出してみようかな?

「自分が自分らしく生きられること」=「自分なりのアイデンティティの確立」

これが、「生きる力」だと私は勝手に解釈をしています。

2005/11/15

のりしろなき東武鉄道

 今日は、今日も(?)英語とは関係ない話し。うーん、タイトルを変えようかな?(笑)

 それにしても、東武鉄道って、スゴイ会社ですね。一区間、3才の子どもが乗務員室に入っただけで、運転士が懲戒免職ですか? もちろん、服務規程違反ようなので、それ自体を問題ないというわけではありません。でも、それで懲戒免職なんですか?

 東武グループのお偉いさん方は、全く悪いことはしていなんでしょうね~。

だから、ちょっとしたミスにも寛大ではない。生き方がまるでお釈迦様やイエスキリストのように、道徳を絵に描いたような生き方をしている人なんでしょう。うん? でも、お釈迦様やイエスキリストなら、ここまでのりしろのない判断はされないかな?

 東武グループの総務部は、株主総会もさぞかし、仕事がないでしょうね~。

 なんていっても、懲戒免職を簡単に出すわけですから、取締役の方は、お金の使い方やプライベートでの生活など、本当に立派な方なんでしょう。そうとしか、考えられません。

 それにしても…。

 このニュースを聞いたとき、ここまでのりしろのない社会になってきたのだな、と感じました。のりしろがない社会は、窮屈で、人々に余裕がなくなり、常に隣を見て「隣ではこんなにやっている」、だから休みなく働け!という社会なのではないでしょうか? それで、人間は幸せになれるのでしょうか? 鬱病の増加も、これが原因の一つだと私は信じて疑いません。

 のりしろを奪っている会社のお偉いさま方は、ご自分が今のポジションに来るまでに、そういうのりしろって全くなかったのですか? 泣いた3歳児を運転席に乗せるほどの「罪」以上のことは、全くしていないんでしょうか? 

 自分を振り返れば、人に辛くあたることは、誰しも出来ないでしょう。聖書にも書いてありますよね、そして誰も、石を投げなくなるものです。

 私たちにとって大切なことは、石を投げる相手を探すことではなく、石を投げないような心の余裕を持つこと、そして、偉い方々はそういう状況を作ること、だと思います。私たちが楽しそうに働く社会なしに、どうやってNEET対策など出来るのでしょうか? 生徒や学生に対して、就職の動機付けなんて出来るのでしょうか? 

 私は東武グループのお偉いさん方が、懲戒解雇の方針を取り消すことを祈っています。「問題になる前に、やめさせれば、文句は出ないだろう」という保身ではないでしょうからねぇ。万が一、東武グループが懲戒解雇した場合には、ささやかな抵抗として、当分の間、東武グループの利用をするつもりはありません(←ホントにささやかだけど、気持ちです)

 あと、これを通報した人。うーん、お暇なんですね。

2005/11/12

Shima-Uta

使用教科書に「Shima-Uta」というレッスンがある。ご存じの沖縄の民謡である「島唄」のことで、もちろんメイン「島唄」としてThe Boomの「島唄」が出てくる。

ボーカルの宮沢和史さんがどうしてこの「島唄」を歌うようになったのかを調べてみた。そして、「島唄」の歴史を調べて行くにつれ、第2次世界大戦における沖縄戦について避けられないと思うようになってきた。

そこで、NHK特集の沖縄戦についてのビデオを見る。最初の2分は多少の私語があったけど、すぐに生徒はビデオに釘付けになる。戦争中の集団自決の証言に私もドキッとした。トップで出てくる当時26才だった母親がその集団自決で5才になる息子を亡くした証言。また、スパイ疑惑で日本兵に殺された父親を語る女性の証言や、並ばされて手榴弾を投げられた女性の話し。そして、「戦争は絶対にいけない」という彼女たちの話は、悲劇の体験者ならではの説得力があった。アメリカ軍の撮影した映像も出て来た。その中にいた年端もいかない女の子の、感情を失った目が印象的だった。戦争という狂気の中で、なんの罪もない子どもが犠牲になっていくことを当時の指導者はどう考えていたのだろうか?

すすり泣きが教室から聞こえました。

パワーがだんだんと枯渇してきていたけど、あなた達のその純粋さにパワーをもらいました。ありがとう。

2005/11/10

意図的に「鬱」になる

 それにしても、この頃、教育に対する風当たりが強い。というよりも、そのうち、いわゆる「能力」というヤツによって、この国は階層化していくのではないか?なんて、冗談までが100%の冗談性を消していってしまうような錯覚さえ感じる。

 イギリスには障害者の数が少ない。その理由は、胎児の時に検査を行い、障害を持っている時には堕胎をするケースが多いからだそうだ。無料で胎児の検査を行った方が、障害者を保護していくよりも経済的な負担が少ないとの理由で、この検査は無料で行われていく。命ってなんなんだろう? 人間の尊厳ってなんなんだろう?

 犯罪のニュースを聞く。この頃多いですよね、四捨五入して30才、無職、男性。成田空港の検問を突破して、警察官を殺傷した容疑者もやっぱり、そうだったなぁ。

 日本酒の話題。蔵人が、それまでの経験から、作り上げていく日本酒は芸術作品の域だ。杜氏の酒造りを若い蔵人が見て覚えていく。特に吟醸酒は夜中に2時間おきにその発酵具合を杜氏はチェックする。そして、あのフルーティーな芸術品が生まれてくる。一方、大量生産の工場で生産された日本酒もある。こちらの酒造りの責任者は杜氏というよりも、製造部長という名前の方がふさわしいだろう。どちらの日本酒を皆さんは飲みたいですか?

 日本の国債残高を見て驚いた。子どもが払い込む年金と、受け取る年金額を見て、驚いた。子どもが苦労することが分かっているなら、少子化はさらに進むだろうね。30代で雇用や給料が不安定なら、なおさらだ。子どもを育てたくても、経済的な問題で育てられない人もいる。大学への下見のための往復4000円のお金が出せない家庭すらある。

 この頃元気がない。こういうときは、あえてだれとも話さないで、意図的に「鬱」状態になるといい。芸人さんが、舞台のない時にくらーくするのと同じような感覚で。

2005/11/06

指紋認証&問題作成完了

 携帯をなくしたことありますか? 私は何回もあります(^^;; もともと、アバウトな人間、というよりも、細かい作業が苦手で、物の「管理」をいちばん苦手な私にとって、携帯をなくしたことは一度ではありません(^^;; 

 無くしたときのために、自宅の電話から何度かコールすると、携帯がロックされるものを買いました。ところが、そのコールの回数を覚えているわけもなく(苦笑)、結局は無くしたとき最初にすることは、「あたふた」でした(笑)

 で、、昨日、久しぶりに近所のスーパーにいったら、今の携帯には「指紋認証」という究極のセキュリティがあるのですね。早速、購入しました。指紋で本人確認をするんですね。驚きました。あとは、指紋認証しない限り、使えないようなダイヤルロックを毎回、忘れないことがいちばんの課題だったり(^^;;

 あと、「短文で覚える中学英単語」ですが、順調に評価を受けているようです。ありがとうございました。詳しいことは書けませんけど、「これでわかる基礎英語」の数倍の勢いで売れているみたいです。ありがたいことです。この「短文で覚える中学英単語」の問題が完成しました。

例文1
(         )  I  (           )(        ) to(     )?         
(あなたの隣に座っていいですか?)
例文2
Tom(          )(      )(         ) the (         ) for her.    
(トムは彼女にイスを買うことに決めた。)
例文3
(          )(         )  , but will you (         )(          )  ?
(すみません、手伝っていただけますか?)
例文4
You(       ) stay here(        ) seven (        ) this (           )  . 
(今晩の7時までここにいなければなりません)

このような形式で、A4縦割り、一回分は4つのセンテンスで作成しました。260のセンテンスなので、65回分となります。ご興味のある方はご連絡頂ければ、ファイルをお送りします。ただし、こちらも個人的なご使用にとどめて下さい。お願いします。

いま、「目指せ英検3級」ということで、10人程度の生徒とこの本の暗記にチャレンジしています。まだ68番までなので、これから先は長いですけど、着実に覚えているようです。ホントに英語が苦手なS君が、「bake」という単語が授業でパッと出て来ました。その時のうれしそうな君の顔、私には天使みたいに見えました(笑)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ