« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

音声ファイルをアップ!

もうすぐ離日してしまうALTと一日デート。
思えば、彼ほどに、深い話しをしたり、長い時間を過ごしたALTはいなかったなぁ。
これは、俺だけじゃなくて、生徒も同じ。
一緒に部活を楽しみ、授業の準備で遅くまで打ち合わせをして、週末は飲みに行ったり、
そういうALTは本当に初めてだった。

そんな彼と「短文で覚える中学英単語」の録音。
購入した手のICレコーダーと、まずは奮闘(笑)
録音モード? 音質の設定? 一部だけデリートができるの?などなど、
ALTとまずは悪戦苦闘。

ようやく使えるようになってから、録音を始める。
ALTのMr Aは、かなりの「緊張屋」さんなので、ちょっと心配していたら、、、
おいおい、噛みすぎだよ(笑)
何回、NGを出す気なんだ~!!
最初は、だいたい40文ごと録音しようと思ったんだけど、
35文を過ぎると、急に彼の緊張が高まり、NGが多くなる。

そこで、20文ごとに変えるのだが、
これでも15文以降にNGが多くなる(笑)

結局、10-15文ごとになったのは、こういう理由だったんです(^^;;

何はともあれ、なんとかアップにこぎ着けることができたので、
ご興味のある方は、ダウンロードされて下さい。
前半は緊張気味の彼が、後半にはリラックスしてくるのがよく分かります(笑)

2005/08/27

再校のスタート

『短文で覚える中学英単語』9月下旬に発売予定です。
値段は750円程度です。
CDはついていませんが、こちらのサイトでダウンロード可能ですので、
ぜひともDLされて下さい。
ちなみに音声は、「先行ダウンロード」が可能でして、早ければ8/31にはアップできます。
ダウンロードは、無料ですし、パスワードもかけませんので、
本をご購入されない方も、どうぞ(^^)

この「短文英単語」の再校が今日から始まりました。
間違いをなくすために、神経を使う作業です。
イラストも全て出そろい、再校が終わり次第、印刷に入ります。

かなり疲れてきていますが、
なんとか夏休み中に終わりそうなので、
ホッとしています。

2005/08/26

教科書の執筆

先週末に、ある国立大学のF先生からメール。
「教科書の執筆をしませんか?」

実をいうと、教科書は一度は携わってみたいと思っていた。
それがいかに大変な作業かは分かってはいるが、
「こういう教材があればなぁ」という気持ちは強くあった。
40才までに関われたらなぁという、漠然とした希望ではあったけど。

F先生とは3年目の付き合いである。
深く話したことはあまりないが、その誠実なお人柄には
親しみを持っていた。
だから、その先生からのお誘いはとても光栄であり、
身が引き締まる思いだ。

これから、3年以上のロングランの作業らしい。
教科書では老舗で、有名な出版社だし、
気の抜けない日が続きそうだ。

2005/08/25

高校入試の脚注

英語が出来ない、出来ないという人、
英語が出来ないのは、学校の英語教育が悪いんだ!
という人は多い。
この「不毛な議論」はいたるところであり、それに対してobjectionもあるけれど、
公立高校の入試問題で注釈とされた語を見たら、私は愕然とした。

America, believe, chance, communicate, culture, each other

この6つの語句は全て注釈がついた語句である。
特に、each otherは、2004-05年入学生用の試験で、13都道府県で脚注がついている。
教科書によって、使われる単語が異なるので注釈がつくことは仕方ないかもしれないが、
もう少し、注釈は減ってもいいのではないだろうか?

2005/08/06

英単語の覚え方

これって、永遠のテーマだろうな。
それで、結局は、「苦労して身につける」っていうのが結論。
でも、どうにかして、楽に覚えたいよね。

ということで、基礎的な英単語・熟語などを含んだ単語集を9月に文英堂より
発売することになりました。←何が「ということで」なの?

「短文で単語を覚えよう」というDUOのようなコンセプトで、
260のセンテンスで1700の単語と熟語を覚えようという企画。(関連語なども含む)
一応のタイトルは、『短文英単語』(仮称)

少し例をあげてみると、、、
(超基礎的なレベル)

can (助動)~できる
can I ~ ? (熟語)~していいですか?
sit  (動)座る
next to ~ (熟語)~の隣に
you (代)あなた

という5つの単語や熟語も、
Can I sit next to you? 「あなたの隣に座っていいですか?」
というひとつのセンテンスで覚えられる。

(英検3級レベル)
Professor William was injured in the traffic accident.
 ウイリアム教授は交通事故でケガをした。
professor (名)教授
injure (動)~にケガをさせる
traffic (名)交通、往来
accident (名)事故、災難

(英検3級~準2級レベル)
The mayor insisted that the police should go and search downtown immediately.
 市長は警察がすぐに繁華街に行って捜索をするべきだと主張した。
mayor     (名)市長、町(村)長 
insist      (動)~だと主張する
search     (動)~を捜す、捜索する (名)捜索 
downtown   (名)繁華街、中心部 (副)中心部へ、繁華街へ
immediately  (副)すぐに

こんな感じで、覚えていけば、ひとつひとつの単語を覚えるよりも、
効果的に覚えられるんじゃないかなぁと思い、作ってみました。

まだ、初校も終わっていないけど、また発売されたら、掲載します。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ