2019/07/04

高校生への英語の教え方

7月22日(月)から始める『基礎講座』について。といっても、PRではありません。(書いている段階で、営業的な要素はありますが;笑)

真剣に、切羽詰まっている状況ならば、20日間あれば高校英語の基礎は指導できるという自負はあります。シラバス的なものは頭の中にありますし、それをことばに落とし込み、展開すればいいだけです。私が気をつけていることは次の通り。

  1. 自分で学べる「土台」をつくる
    分からなければ、「参考書で調べなさい」は100%正しいアドバイス。しかし、参考書で調べるって、たいへんな作業です。「さくいん」の使い方を知っている高校生がどれだけいるのか、参考書に書かれている用語を理解しているのか、書かれている「説明」を正しく理解できるのか、など課題が多くあります。「調べろ」『ハイ、調べて理解しました』とスムーズにいくくらいなら、この時期に基礎講座をとる必要などないでしょう。参考書の使い方、語順の考え方、音読の仕方を教え、それを定着させてはじめて、自分で学べる「土台」ができると私は思います。
  2. 高校生としてのプライドを大切にする
    確かに、指導者の先生方にとっては、SVOCとSVOOの区別すらできない生徒の英語力を見ると涙がでるほど「しっかりとさせたい」と思うでしょう。だから、文型を教えるにしても、基本的な単語で、そしてシンプルな文を使いたがる。
     ・He gave me this book.
     ・We named our son Taro.
    もちろん、独学用の本であればこれでいい。というよりも、これでなければハードルが高い。しかし、ライブで授業を聞くのであれば、もう少し「うーん」と悩んでくれるような例文も出した方がいい。
    そして、文法を学ぶときにも、彼らが「うん?」と思うような単語が出てくる問題が2-3割ほしい。(『10題ドリル』はこの点が特にすばらしいと私は思います) 「高校生としての学習をしている」というプライドは大切にしたい。
  3. 「分かった」という感覚を持たせる
    教師目線の授業の上手下手って、あまり気にしません。気にするのは生徒が「分かった」と感じ、学習をしていくことです。分かれば楽しいのですから。現在、持田先生が担当している高校3年生は、講座が始まったときは英語の基礎すらできていませんでした。それが4月の河合塾模試では、偏差値で55を超えるまでになりました。授業内容は書きませんが、持田先生の授業は生徒が「分かった」と感じられるようになっており、今まで分からなかったことが分かるということで、目力まで変わってきています。
    つまり、教師がどのように教えたかだけを考えるのではなく、生徒が分かったか=定着したかも大切です。

もう私の感覚は、英語の先生じゃなくて、経営者に近い(経営者なんですけど;笑)。会社の生産性を上げていくことと、生徒の学力を上げていくことには、共通点がかなりあるようです。

2019/05/23

千葉市教育委員会より後援をいただきました

日時:8月7日(水) 13:00~17:00  17:30より懇親会あり(4,000円程度です)

場所:幕張テクノガーデン BC棟301号室(JR.海浜幕張駅より徒歩2分)

主催:2019英語教育セミナー実行委員会(後援:千葉市教育委員会・株式会社共進)

入場料:無料

 

多くの先生方にとってプラスになるものだと思われます。

現在、全ての方からのお申し込みを受け付けております。

講演:

  1. 書き手の立場からリーディングの素材を解読する(日向清人先生)
    • 「ようやくライティングの世界では「つながり」と「まとまり」の意義が意識されるようになってきたのに、大学のシラバスを見る限り、リーディングの授業では、それが反映されることなく、英文法講義ないし英文和訳の授業で終わっている例が多い。そこで、CEFRモデルを素材に、「つながり」と「まとまり」がなぜ意識されるようになってきたかを振り返ってから、上記リーダーの一節を使って、「読み手のひとりごと」をみなさんにお聞かせる形で、文章中の「つながり」や書き手の技(レトリック)をいっしょに楽しむ試みです。」
  2. 「ライティング指導」入門:初歩と基礎とその先と(松井孝志)
    • イティングにおける「つながり」と「まとまり」ということばは以前より市民権を得てきたように思いますが、昭和から平成にかけて「パラグラフ・ライティング」は高校現場に十分浸透普及したでしょうか?では、パラグラフ以前のライティングはどうでしょうか?テスト対策の前にまず適切・的確な指導をどうするか、何を読み、何を聞き、何を書くか、確りと見通したいと思います。

(講師略歴)

日向清人先生

  • 和洋女子大学特任教授。慶大院修了後、国際法律事務所、外資系証券会社を経たのち、
    慶應義塾大学で20年以上、実務英語教育に従事した後、現職。松井孝志先生のご助言に
    おおいに助けられた『即戦力がつく英文ライティング』(DHC) 他、著書多数。

松井孝志  2019年4月より Sアカデミー専任講師

 

お申し込み方法

下記より、web上でお申し込みください。なお、6月7日(金)までは千葉県と東京都の高校の先生方のみのお申し込みとなります

https://ws.formzu.net/dist/S88280131/

 

2019/05/09

2019英語教育セミナーのお知らせ

下記のように英語教育セミナーを開催します。

 

日時:8月7日(水) 13:00~17:00  17:30より懇親会あり(4,000円程度です)

場所:幕張テクノガーデン CB棟301号室(JR.海浜幕張駅より徒歩2分)

主催:2019英語教育セミナー実行委員会(後援・株式会社共進)

講演:

  1. 書き手の立場からリーディングの素材を解読する(日向清人先生)
    • 「ようやくライティングの世界では「つながり」と「まとまり」の意義が意識されるようになってきたのに、大学のシラバスを見る限り、リーディングの授業では、それが反映されることなく、英文法講義ないし英文和訳の授業で終わっている例が多い。そこで、CEFRモデルを素材に、「つながり」と「まとまり」がなぜ意識されるようになってきたかを振り返ってから、上記リーダーの一節を使って、「読み手のひとりごと」をみなさんにお聞かせる形で、文章中の「つながり」や書き手の技(レトリック)をいっしょに楽しむ試みです。」
  2. 「ライティング指導」入門:初歩と基礎とその先と(松井孝志)
    • イティングにおける「つながり」と「まとまり」ということばは以前より市民権を得てきたように思いますが、昭和から平成にかけて「パラグラフ・ライティング」は高校現場に十分浸透普及したでしょうか?では、パラグラフ以前のライティングはどうでしょうか?テスト対策の前にまず適切・的確な指導をどうするか、何を読み、何を聞き、何を書くか、確りと見通したいと思います。

(講師略歴)

日向清人先生

  • 和洋女子大学特任教授。慶大院修了後、国際法律事務所、外資系証券会社を経たのち、
    慶應義塾大学で20年以上、実務英語教育に従事した後、現職。松井孝志先生のご助言に
    おおいに助けられた『即戦力がつく英文ライティング』(DHC) 他、著書多数。

松井孝志  2019年4月より Sアカデミー専任講師

 

お申し込み方法

下記より、web上でお申し込みください。なお、6月7日(金)までは千葉県と東京都の高校の先生方のみのお申し込みとなります

https://ws.formzu.net/dist/S88280131/

 

2019/04/01

合格への最短ルートは、自宅から海浜幕張までです!

4月は松井孝志@tmrowingによる、体験授業があります。まだ、他塾に最終的な申し込みをしてない浪人生・高校生の皆さん、自宅から海浜幕張までが、「志望校合格の最短ルート」になると思いますよ!

<既卒生(浪人生)>

4月1日(月) 4月4日(木) 13時より  総合英語

 

<高校3年生>

4月2日(火) 4月5日(金) 17時より ライティング

 

<高校2年生>

4月1日(月) 4月4日(木) 17時より 英語S(難関大学)

4月2日(火) 4月5日(金) 15時より 英語SS(最難関大学)

 

お申し込み

043(306)9241
info@s-academy.net

2019/03/25

Sアカデミーがぴったりな高校生・既卒生(浪人生)

Sアカデミーの良さは、講師です。しかし、この講師の良さは、「このメロンは甘いよ!」といわれてもなかなか伝わらないですよね。ということで、Sアカデミーの良さ(講師以外)をあなたに伝えましょう。


まずは、少人数。今年は既卒生が初年度ということもあり、おそらく各クラス10名に達するかどうかになりそうです。だから、次のような人はぴったりです。


 



  • 先生方との関係をしっかりと持ちたい


 



  • 大集団の中だと少し気後れしてしまう


 



  • 学習管理を希望する


 


そして、毎朝、SHRがあります。だから、、、


 



  • 生活のリズムをしっかりと守りたい


 


というあなたにはぴったりです。ちなみに、夏休み前は帰る時間も管理します。


その他には、次のような人です。


 



  • ライティングの力を伸ばす!


 




    • 勉強が苦手だが、大学に入るために学習をする!



 


そして、番外編。


 



  • フィギュアスケートが好き


 



  • プログラミングが好き


 



  • 鉄道が好き


 



  • 野球が好き


 



  • 法曹の世界に入りたい


 


この5つのどれかに当てはまる人にとっては天国かもしれません。


 


Sアカデミーのスタッフは素人(講師・クラス作り)ではありませんが、既卒生クラスを作るのは今年が初めてです。だから、どうしても今年は「実績」を出します。実績がなければ、来年度は存在しなくなってしまいます。だから、必ず皆さんの成績が伸びるようにサポートして、結果を出します。

2019/03/18

『勉強の仕方が分からない』から「自立した学習者」へ

「勉強の仕方が分からないんです」という高校生が多い。こういう話しを聞くと、以前にはこんな風に答えていました。
  • とりあえずやってみよう。そのうち、自分の方法が分かるようになってくるよ。
ところが、問題はそんなに簡単なものではないことに気づいてきました。この裏にある気持ちは、
  • 勉強をしなければいけないとは分かっているんだけど、どうしても一歩が踏み出せない
というケースが多いようです。つまり、最初は勉強をすることに寄り添うことが大切です。
しかし、いつまでも寄り添っているだけでは成長がありません。だから、次のような流れが必要かなと思っています。
  1. 入会初期には学習計画を策定すること、その進捗状況から学習計画が正しいかを考えていく
  2. 面談の内容を、策定から、状況確認・微調整に変える
  3. 学習の進捗状況の面談にする
この一連の面談を通じて、「勉強の仕方が分からない」高校生が、自立した高校生に変わっていきます。

2019/03/16

浪人(既卒)・新高2・3生の皆さんへ体験授業のご案内

浪人(既卒)の皆さん

予備校・塾選びは大切だと思います。まだ、塾や予備校を選んでいない方、Sアカデミーの体験授業を受講してから、選びませんか? もちろん、ご満足いただけなければ、他の予備校に通われるのがいいと思います。ただ、貴重な300日をどこで学ぶかという選択肢のひとつにSアカデミーを選ぶことで、志望校への合格が近づくかもしれません。
新高3の皆さんへ
ライティングは文法ができれば書けるわけではありません。英語のつながりとまとまりを身につけるためにも、教えられてから練習していく必要がある分野です。ネイティブスピーカーはいても、ネイティブライターはいませんので、誰でも書けるものではなく、トレーニングが必要となります。松井孝志はライティングの世界では日本トップです。そのトップの授業を15人の少人数で受講することで、志望校を母校にしませんか?
新高2の皆さんへ
「民間テスト」の初年度の学年になります。このテストが無事に実施できるのかどうか不安は残りますが、いや、大いに不安だからこそ、どのような問題にも対応できるような骨太の学力をつけましょう! 安易な対策に頼らなくても、学力があれば大丈夫。そのサポートをSアカデミーは行います。
Sアカデミーの体験授業は、講師本人が行います。体験授業と、振り分けられたクラスの講師が違うことはありません。
<体験授業のご案内>
体験授業の講師は松井孝志です。もちろん、実際の授業も松井が行います。
  • 既卒生(浪人生)  4月1日(月) 13時
  • 高校2年英語S(GMARCHレベル) 4月1日(月) 17時(残席10)
  • 高校2年英語SS(東大・東京外大・早慶以上) 4月2日(火) 15時(残席10)
  • 高校3年生(ライティング) 4月2日(火) 17時(残席12)
お申し込みは、電話(0433069241)かメール(info@s-academy.net)でお願いします。各クラスの定員は15-20名です。

2019/03/10

センター英語100点以下の既卒生のあなたに

センター英語が100点まで届かなかった既卒生の皆さん、私と一緒に拙著『短文で覚える英単語1900』で英語の基礎を短期で身につけませんか?

100点に到達しなかったのは、基本的な英単語だけではなく、意味順(語と語のつながり)が身についておらず、長文もなんとなく読んでいる状態だと思います。
そんな皆さんにぴったりな教材が『短文で覚える英単語1900』です。
場所:Sアカデミー(JR京葉線 海浜幕張徒歩8分)
時間:午前10時~11時(JR.3月中の短期講座)
お問い合わせ:043(306)9241  info@@s-academy.net(@を1つ消して下さい)

2019/03/07

2浪になってしまった人へ。骨太の学力をつける塾が海浜幕張にあります。

小規模の学習塾で4月からSアカデミーで勉強して、志望校を母校にしませんか? 場所は京葉線の海浜幕張駅から徒歩8分。ここがあなたにとって、落ち着いて、学習できる空間かもしれません。
大手は、看板があるので安心できます。私も個人病院よりも、大病院の方がなんとなく落ち着けます。
Sアカデミーはまだできて3年ですから、知名度はありません。しかし、「名医」しかいない学習塾です。私は、大病院よりも高い力量があると信じて疑いません。
  • 松井孝志(英語)
  • 伊藤正成(古典・世界史)
  • 松尾圭(数学)
  • 佐京由悠(日本史)
  • 礒貝竜一(英語・現代文)
  • 持田哲郎(英語)
    http://www.s-academy.net/ のいちばん下にプロフィール紹介があります。
定員20名の少人数ですから、先生方と気軽に話ができます。そして、先生方もみなさんを理解できます。このことは、学力アップにつながります。そして、質問もしやすい
毎朝、SHRがあります。生活リズムをコントロールすることも既卒生には大切なので、最初から頑張りすぎないように、そしてリズムが乱れないようにします。
すべての授業をビデオに撮り、それを復習用に自分たちのスマホで見られるようにします。授業をもう一度、二度、三度見て、分からないところを調べ、骨太の学力をつけましょう。
次のような人にぴったりです。
  • 先生方との関係性を大切にしたい
  • パーティションのある自習机で勉強をしたい
  • どうしても大学に合格したい
  • 英語を得意科目にしたい
皆さんの思いを大切にしてくれる先生方がここにはおります。
「英語ができていれば」と思う方は、松井孝志があなたを鍛えます。ライティングも含めれば、週7.5時間→年間200時間以上も松井の元で学べば、新しい世界に入ってくると思われます。
既卒生の皆さんへの説明会の日程です。
  • 3月の毎週(月)(水)(金) 15時より
お申し込みは043(306)9241、メールinfo@@s-academy.net(@@→@にしてください)までどうぞ! 最寄り駅はJR.京葉線海浜幕張駅(徒歩8分)となります!
お待ちしております!

2019/03/05

体験授業と英文法基礎講座のご案内

英文法基礎集中講座のご案内(既卒生対象)

  •    英語
  •    3月16日(土) 17:00-18:30
  •    講師:礒貝竜一

  1. 日本史
    • 3月23日(土) 18:00-19:30
    • 講師:佐京由悠

Sアカデミーの講師は松井孝志を筆頭に、全員が超一流です。教科能力だけではなく、人間性も優れており、職業的倫理観を持っている講師のみです。

どのような授業か、お電話かメールでお申し込み下さい。

043(306)9241

info@@s-academy.net(@をひとつにしてください)

英文法基礎集中講座のご案内(既卒生対象)

センター試験で、120点以下(特に100点以下)の受験生は、単語と文法を基礎から始めなければなりません。その総復習となる英文法基礎講座を開講します。

  • 日程 3月11日(月)~22日(金) 午前10時~11時(土日を除く10日間)
  • 場所 Sアカデミー(千葉市美浜区打瀬2-5 パティオス3番街1F)
  • 教材 『短文で覚える英単語1900』
  • 講師 組田幸一郎(『短文で覚える英単語1900』の著者)
  • 授業料 10,000円(既卒生クラスに入会する場合には無料となります)

拙著『短文で覚える英単語1900』は、英文法の基礎となる文法事項が含まれています。この本を1冊学習すれば、英語の基礎は身につきます。英文を理解して、音読し、暗唱し、並べ替え問題を宿題として行うという講座です。

既卒生の最初のハードルは、この3月の過ごし方。

受講希望の方は、043(306)9241か、info@@s-academy.netまでお申し込み下さい!

«松井孝志先生がSアカデミーの専任講師に!

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

おすすめ